親ができること――その1「見守る」

教室の中学生

思春期の葛藤は自分自身で乗り越える――親は信じて見守る

「中二病」の子どもに親はどう対応するべきか? まずは、子どもが自分の力でこの荒波を乗り越えられるよう、見守ってあげることです。

子どもが仲間の評価を気にし、格付けされて傷つき、気持ちがささくれだっている様子を見ると、ハラハラして介入したくなってしまうかもしれません。もちろん、いじめや犯罪に巻き込まれたり、危険な行動に傾倒する可能性があれば、教師やスクールカウンセラーに相談するなどして早めの対策を考えることが必要です。しかし、仲間社会での小さな心の傷にいちいち介入していたら、子どもは自分で困難を解決する力が身につかなくなってしまいます。

親の字は「木の上に立って見る」と書くように、少し離れた所から様子を見守り、子どもが自分の力で困難を乗り越えていけることを信じて、じっくり見守っていくしかありません。

親ができること――その2「視野を広げる」

また、中二病に振り回され、混乱しているように見えたら、子どもの視野を広げるためのヒントを少しだけ示唆してあげてもいいでしょう。

たとえば、「友だちからダサいって言われそう」と気にしすぎている子には、「今は“周りの基準”が気になる時期なのかもね」とその気持ちに共感し、「でも、人の価値観には優劣があるわけでもないし、周りにどう思われるか、気にならなく時期も来るかもしれないね」などと応答してみるのも一案です。つまり、「上から目線」で大人の意見を押し付けるのではなく、大人になったからこそ見える視野をほんの少しだけ、ほのめかしてあげるといいのです。

そのときはピンと来なくても、こうした言葉は子どもの心の中に印象深く残っていきます。そして、成長のタイミングに合わせてその言葉が湧き上がり、背中を押す力になってくれるでしょう。いっとき「中二病」でハラハラさせられても、その時期にはあっという間に終わりが来ます。子どもは日増しに成長する生き物です。子ども自身が持つ「困難を乗り越える力」を信じ、温かい目で見守っていきましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項