体が重い!太った体を緊急撃退

太ったと思ったらすぐにダイエット

スタートダッシュが肝心です!


年末年始で食べ過ぎ&油断した体は、できるだけ早く元に戻すことが肝心です。そのまま放置しておくと、雪だるまのように太ってしまう可能性も!そこで今回は、悪い食生活や生活習慣に慣れてしまう前に、緊急で体をリセットできる方法を食事・運動・生活習慣に分けてご紹介します。

<目次>  

水分や野菜など食生活でリセットする方法

■水分主体の生活
年末年始の間に体重が2~3kg太ってしまった場合は、水分主体の生活で胃腸をお休みさせてあげましょう。胃腸を休めて体内をリセットさせることで、ダイエットだけでなく、排泄力が高まることによるデトックス効果、それによる美肌・美髪効果、腸内環境が整うことによる免疫力アップといった効果が期待できます。

野菜ジュース、スムージー、コールドプレス製法のジュースなどを食事代わりにし、1~2日間過ごすだけで、以上の効果が実感でき、体が軽くなるでしょう。
*自分でスムージーをつくる場合、バナナなどの糖質の高いフルーツは少な目or抜くのが◎

■野菜メインの生活
野菜中心の食事

 野菜中心の食生活は体が軽くなる!


「体重はそれほど増えていないけど体が重い」という場合は、野菜中心の食事で2~3日間過ごしましょう。朝と昼は生野菜をたくさん摂って酵素を補給。トレンドのメイソンジャーサラダならカラフルで見た目もお洒落なので作り甲斐があり、洗いものも少なくて済むのが嬉しいですよ。そして夜は、温野菜や植物性たんぱく質(豆腐や納豆など)を加え、体を冷やさないようにすることが大切。野菜メインの生活でも十分満足感があるので、ストレスなく続けられるのがメリットです。
 

家の中でも出来る運動で、代謝向上でリセットする方法

■入浴+エクササイズ
新陳代謝が上がり発汗効果も

発汗効果も実感


入浴で体を温めると新陳代謝が上がり、冷えやむくみ解消につながります。さらに、エクササイズを加えると、エネルギーを消費しやすい体になります。まず入浴前は、常温か温かい飲み物を摂って内側から温めます。お湯の温度は40度弱にし、最初は首まで3~5分つかり、体を温めてからエクササイズを始めます。

バスタブで四つ這いになり、ひざを少しだけ浮かせます。この状態でひざの開閉を5~10回繰り返します。このとき、お腹を常に凹ませ、ゆっくりとした呼吸にあわせて動くことがポイントです。

■毎日トライ!ながらエクササイズ
生活に運動を取り入れる

生活に少しずつ取り入れることが大事!


毎日の生活に無理なく組み込めるながらエクササイズを習慣にしましょう。いずれも使う筋肉を意識することで体幹が鍛えられ、短期間でも効果が期待できます。

「歯磨き中」
つま先は正面を向き、肩幅より広めに脚を開いてスクワットを20回。背骨はまっすぐにした状態で、足の裏全体に体重をかけるのがポイント。前のめりになったり、お尻だけ突き出すのはNGです。体幹が鍛えられ、全身痩せに◎。またヒップアップ効果も期待できます。

「階段」
お腹を引き上げるようにして立ち、その状態のままつま先立ちで階段をトントンとリズミカルに駆け上がります。全身の代謝アップ、足のむくみ解消に効果的です。

「トイレタイム」
洗面台から少し離れて立ち、股関節から上半身を折り曲げて両手を洗面台に添えます。曲げるのは股関節のみ。ひじもひざを伸ばし、背骨もつむじから尾てい骨までまっすぐに伸ばします。この状態で呼吸をゆっくり5回繰り返します。肩甲骨が刺激されることで体温アップにつながり、脚裏が伸びることで疲労回復にも効果的です。
 

自分に合った生活習慣でリセットする方法

■入浴+オイルプリング
オイルプリングを入浴タイムに!

オイルプリングを入浴タイムに!


オイルプリングとは、インドの自然療法であるアーユルヴェーダの一つで、オイルでうがいをすることをいいます。オイルは、オリーブオイル、ココナッツオイル、ごま油、ひまわり油、亜麻仁油など、自分の好みのものを使ってOK。大さじ1のオイルを口に入れ、ブクブクとうがいをするように口の中で15~20分行い、口から出し、水ですすいで完了。

主な効果としては、口内から体内の毒素を排出する、口臭や歯周病予防、歯のホワイトニング効果、うがいで口の周りを筋トレといった効果が期待できます。朝など空腹時に行うと効果が高いといわれていますが、ダイエット中で夜中にお腹がすいてしまった時など、入浴しながらオイルプリングを実践してみましょう。気が紛れるだけでなく、口の中がスッキリとして、ブクブクと口を動かすことで小顔効果もありますよ!

乱れた食生活・生活習慣をできるだけ早くリセットして、心身ともに軽やかに新年をスタートさせましょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。