散歩コースで立ち寄りたい、チャーミングな北欧雑貨カフェ

ブラフレのカフェ店内

カラフルな雑貨に囲まれた小さなカフェ。地元のママ達に大人気! Photo:Asaki Abumi

ブラフレのデザイナー

オーナー兼デザイナーのイングリさん Photo:Asaki Abumi

「オスロ市内を一望したい&北欧雑貨やカフェが好き」という方におすすめなのが、エーケベルグという丘の上にある北欧雑貨ブランド「ブラフレ」(BLAFRE)が経営する直営店カフェです。

ブラフレは、ノルウェー人女性デザイナーであるイングリ・エロイ・ファーゲルヴィークさんが、愛娘の誕生をきっかけに2005年に立ち上げました。ヴィヴィットな色使いと、思わずにっこり微笑みたくなる動物や子どもの絵柄は、幼稚園に通う子どもたちの間で大人気! オスロにある唯一の直営店はカフェ兼オフィスにもなっており、女性企業家として注目を集めるイングリさん本人に出会えることもあります。「日本では大人の女性からも人気があるようで嬉しいわ」と話すイングリさん。

素敵なお土産がみつかるデザインショップ

ブラフレの商品

ポストカードやノートの紙グッズ、缶の容器、キーアクセサリーなど人気の商品は数知れず。フクロウやハリネズミの動物キャラクターが人気 Photo: Asaki Abumi

ブラフレの缶

雑貨入れに便利な缶容器。どのデザインにしよう? Photo:Asaki Abumi

イングリさんのデザインの魅力は、元気ビタミンカラーと可愛い動物たち。ブラフレはノルウェーの子どもたちから圧倒的な支持を得ています。ランチボックスとして、サンドイッチを入れたブラフレの缶を持ち歩いている子が、幼稚園には必ず1人はいるほどです。日本は汁物の具材が多いので、缶はランチボックスというよりは、雑貨や小物を入れるお洒落な容器として活躍しそうですね。ブラフレの商品は、現在日本を含む10カ国以上600以上の店舗で取り扱われています。

カフェではコーヒーを飲みながら、まったりと

ブラフレのカフェ

カフェのカウンターではマフィンなどのお菓子や飲み物が注文できます Photo:Asaki Abumi

可愛い雑貨に囲まれながら、店内のカフェではサンドイッチやマフィンの軽食、コーヒーやお茶の飲み物が注文できます。食器もブラフレのデザインを使用。
カフェのメニュー

クロワッサン(29ノルウェークローネ)とカフェラテ(32ノルウェークローネ) Photo:Asaki Abumi

子連れの親に人気のあるカフェ

子連れで楽しいカフェ

子どもたちの小さな遊び場 Photo:Asaki Abumi

子どもブランドのデザイナーが経営するだけあって、子連れの親に優しい空間を提供しているブラフレ。ベビーカーで気軽に立ち寄ることができ、常連客となっているママやパパが何人も訪れます。周辺にはエーケベルグの丘や公園も広がっており、散歩途中の地元民の休憩スポットとなっているのです。

動きが活発な子どもの立場を理解して、小さな遊び場もあるのが嬉しいポイント。親が休憩している間に、子どもたちはお絵かきをしたり、階段に登ってかくれんぼを楽しめます。

ブラフレへのアクセス

茶色いレンガの建物が目印 Photo:Asaki Abumi

<DATA>
BLAFRE butikk og kaffebar(ブラフレ ショップ&カフェバー)
住所:Ballplassveien 2, 1181 Oslo
電話:+ 47 957 32 229
エリア:エーケベルグ
営業時間:月~金曜10:00~16:00、土・日曜11:00~17:00
アクセス:中央駅にあるJernbanetorget駅からバス34番でEkeberg hageby駅まで約10分、バス停から店までは徒歩で50メートル

関連記事
「話題の北欧コーヒーを代表するオスロの8つのカフェ」
「北欧ヴィンテージ好きが一目惚れするオスロのカフェ」

「パンが美味しいオスロのベーカリーカフェ」

※1ノルウェークローネは2015年1月現在、約15.7円。おおむね16円前後で推移。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。