肌に潤いを与えるココナッツ

肌に潤いを与えるココナッツ


「ココナッツオイル」はココヤシの実を絞ったオイル。さまざまな油のなかでも、酸化しにくくトランス脂肪酸を含まないオイルとして、健康、ダイエット、美容によいといわれています。ではココナッツそのものには、薬膳的観点から見るとどんな効能があるのでしょうか。

たっぷり保湿!「食べるモイスチャー美容液」

ココナッツは全身にたっぷり水分を与えて、肌をしっとり潤わせてくれる効果があります。顔面ひび割れ……、何を塗っても顔面砂漠……、そんなときには「食べる保湿コスメ」として大活躍!

もよ顔、ぽよボディ撃退「むくみバスター」効果

あれ????と思うかもしれませんが、ココナッツは必要な水分を身体にとどめて、余分な水分は排泄するという働きがあるのです。モイスチャーとデトックスをダブルで実現するという、恐るべし「究極の2WAYフード」! むくみが気になるときの救済アイテムとしてもお役立ちです。

落ち込み、うつ気分を解消する「ヒーリングフード」

ココナッツは中医学で「心」とよばれる臓器の働きをサポートする食材。心の働きが衰えると、落ち込みやすい、不安感といった症状を引き起こしやすくなります。ハッピーで明るい気持ちに復活するには、ココナッツを取り入れてみて。不眠にもおすすめです。甘い香りもなんだか癒される、ココナッツヒーリングを!


■スポーツ女子にうれしい「アスリートパワー」

ココナッツにはスバリ「強筋骨」という効能があります。頼もしいこの言葉どおり、筋肉、骨をがっつりパワーアップ! スポーツ大好き女子のパフォーマンスアップにも、エクササイズをしてはみたものの日頃の運動不足を痛感する、へなちょこ系女子の筋肉痛にも(涙)おすすめ。

薬膳においても、こんなすてきな効果があるココナッツを手軽に取り入れるのに便利なのが、ココナッオイル。次のページでは、その「潤い」パワーをいかしたおすすめ美肌レシピを紹介します。