「ゲーム」が記憶を加速する

百人一首カルタ

覚えるなら百人一首!

ダララだんびら、かたづ家来、万尾獅子、クワガ大将、さかさっ傘……これ、何のことかわかりますか?

いま子どもたちに大人気のテレビ番組「妖怪ウォッチ」に出てくる妖怪キャラクターの名前です。その数は何百にものぼるとか……。朝の子ども向け番組で、そのキャラクターの絵を見て1分間でどれだけ多くの名前を言えるかというコーナーがありますが、出演者の子供たちが難しい名前をスラスラと答える様子に大人はびっくりしてしまいます。

一緒に見ている小学校2年の長男に「お前もわかるの?」と聞くと、「あの子たちはゲームやっているから覚えているんだよ」との一言。わが家ではゲーム機をまだ買っていないので、その恨みを込めての一言です(苦笑)

それはともかく、子どもは(大人もそうですが)熱中するとそればかりを考え、大量にくり返すのでたくさんのことを覚えます。そしてそれを加速するのが「ゲーム」です。

「勝ちたい!」とか「レベルアップしたい!」という強い思いと努力をかきたて、その成果が目に見える形で表されるため、否が応でものめりこみます。ただそのエネルギーと記憶力を、妖怪キャラやモンスターなどの名前を覚えることだけに使うのはもったいないと思いませんか?そこで家族と過ごす時間が多くなる時期におススメしたい「ゲーム」が百人一首です。


百人一首とは?

「百人一首」と聞いて、「古文でやった……」と高校の授業を思い出して、嫌な気分になった人もいるかもしれませんね。また、人気少女漫画『ちはやふる』の競技カルタを思い出して、「あれ、一度やってみたかったんだ」という人もいるかもしれません。なかには、「ひゃくにんいちくび?? 何のこと?」と思われた方がいるかもしれません。簡単に百人一首についてご説明しておきましょう。

これは「ひゃくにんいっしゅ」と読み、百人の人が詠んだ短歌(和歌)を一つずつ集めたものです。歴史上、さまざまな「百人一首」があるのですが、通常、「百人一首」というと藤原定家がまとめた「小倉百人一首」を指すのが普通です。なお、「短歌(和歌)」というのは、五・七・五の上の句と七・七の下の句からなる日本特有の歌のことです。

「小倉百人一首」の最初の歌は、天智天皇が詠んだ歌ですが、

「秋の田の 仮庵(かりほ)の庵(いほ)の 苫(とま)をあらみ わが衣手(ころもで)は 露にぬれつつ」

となります。(この歌は「五・七・五」ではなく、「五・七・六」となっていますが、これは「字余り」と呼ばれます)

で、なぜこれが「ゲーム」になるかといいますと、この「小倉百人一首」はカルタになっているからです。下の句だけが書かれた札(取り札)を並べ、読み手が上の句からすべて書かれた札(読み札)を読み上げて取っていくのです。

もうおわかりのように、速く取ろうと思えば、どこにどの札があるのかを覚えるのもそうですが、まずは上の句を聞いた時点で下の句が思い出せるよう覚えておくことが必須になります。そのため、この「百人一首」カルタをやりはじめると、勝つために少しでも多くの歌を覚えようとするわけです。

この百人一首カルタ、一度やりはじめると意外にはまります。この機会に百人一首を覚えてみませんか?百も歌なんか覚えられないと後ずさりしている人がいるかもしれません。そこで、みなさんに超お手軽な「百人一首」の覚え方を伝授しましょう!

超お手軽! 「百人一首」記憶術とは? >> 次ページへ