読書しても、読んだそばから忘れてしまう

読書している若者

読んでいるときは覚えていたと思っていたのに……

「あれ? 昨日読み終わった本、なに書いてあったっけ?」

「その本なら読みましたよ。でも……、中身が思い出せない…」

せっかく時間をかけて読み終わった本。
読んでいるときは、頭に入っている気がしていたのに、後で内容を思い出そうとしてもなかなか思い出せなくて落ち込んだことはありませんか?

ただ、それもそのはず。人は「忘れる生き物」だからです。

ある記憶の実験によると、がんばって記憶したものでも、「1時間後には半分以上」、そして「1日後には8割近く」も忘れてしまう、という結果が出ています。

ましてや、ただ読んだだけの本の内容をほとんど思い出せないのも、ある意味、仕方がないともいえるのです。

「覚えた」という錯覚を生む、脳のメカニズムとは?

「でも、読んでいるときは覚えるというか、頭に入ったような気がしたんだけれど……」

そんなふうに思う人がいるかもしれません。

確かに、読んでいるときに、われわれは本の情報を一時的ですが、頭に入れています。そのときには「頭に入った」「覚えた」という感覚が生じます。しかし、これは本当に「覚えた」わけではないのです。

これは、脳の「ワーキングメモリ(作業記憶)」と呼ばれている、一時的に情報を蓄えるところに入っただけなのです。

われわれは本を読むときに、この「ワーキングメモリ」に情報を一時的に蓄え、思考したり、他の情報と結びつけることを行っています。

ただし、このワーキングメモリの容量は極めて小さいので、本を読み進めて新たな情報が入ってくると、前にあった情報は押し出されてしまいます。

すでに持っている記憶と結びついた情報は忘れにくいのですが、結びつかなかった情報は、ワーキングメモリから出たらすぐに忘れてしまいます。

これが、「覚えたような感覚はあっても、実際には覚えていない」ことが起こるメカニズムです。

あなたが必要な情報を覚えるためには、この「ワーキングメモリ」がもたらす錯覚に惑わされず、覚えるための行動をとる必要があるのです。

本の内容を覚えるための行動とは? → 次ページ