たかが1週間、されど1週間

試験を受けている

失敗すればまた1年間の勉強が待っている

学生ならセンター試験をはじめとする大学入試、そして社会人なら多くの資格試験。どんな試験もそのほとんどが年に1回しか行われません。もし不合格となれば、諦めてほかの道に進むか、また1年先まで待たなければならない……。

試験勉強は勉強自体の大変さ・難しさもありますが、この希少性によるプレッシャーが、受験生の心に大きくのしかかります。そして、この重圧は試験本番が近づけば近づくほど大きくなるものです。

そして、試験当日まであと1週間となったとき、あなたはこの1週間をどう過ごそうと考え、実際にどう過ごすのでしょう?

長い勉強期間からみれば、たった1週間かもしれませんが、この1週間は試験の合否を大きく左右する1週間になります。

なぜなら、この試験直前1週間で勉強したことは本番まで忘れずに残りやすいだけでなく、これまで蓄えてきた知識同士をつなぎあわせ、理解と記憶を一気に深める大切な期間だからです。

そしてまた、ムダな勉強をしてしまう危険なワナが待ち受ける1週間でもあるからです。

たかが1週間、されど1週間。

今回は試験直前1週間をどう過ごせばいいのか? この1週間を最大限活用するための極意をご紹介します。

「新しいこと」に手を出すのは絶対NG!

まずは試験直前1週間で、これだけは絶対に避けるべき行動を最初にお伝えしておきましょう。

それは新しい問題集や参考書に手を広げること

試験本番が近づくにつれ、どんな人でも多かれ少なかれ不安になります。そして、その不安を解消するために、ついつい新しい問題集や参考書に手を出してしまうのです。

「勉強をがんばっているからいいのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、これが実は危険なワナなのです。

なぜ危険なのか? それは「範囲を広げれば質は下がる」という当たり前の事実に目を向ければだれでもわかることです。

つまり、新しいものに取り組むということは、必ず、これまで勉強してきたものに取り組む時間を奪います。取り組む範囲が広がったというプラス面はあるものの、その質は確実に低下するのです。

もちろん、これまで勉強してきたものを完璧に仕上げているのであれば構いませんが、そうでないのに手を出すと、どれもが中途半端になってしまいます。

これは高まる不安からついつい取ってしまう行動なので、頭でわかったとしてもなかなか止められません。

このため、試験直前は書店に寄らない、さらにはネットを遮断するといったように、情報そのものから自分を遠ざける防衛策を取ることが必要です。

では、試験直前1週間には何を勉強すればいいのでしょう?
1週間漬け記憶術のポイントは? >> 次ページへ