鎌倉・江ノ島七福神は、八福神めぐり?

今回ご紹介するのは、「鎌倉・江ノ島七福神めぐり」のコース。

七福神は、不老長寿、商売繁盛、裕福・財宝など、大変ありがたいご利益があるとされるので、新しい年の始まりのお正月にめぐる人が多いようです。

大変ありがたいご利益があるとされる七福神たち

大変ありがたいご利益があるとされる七福神たち


「七福神めぐり」のコースは全国にありますが、「鎌倉・江ノ島七福神めぐり」では、以下のお寺・神社をめぐります。

浄智寺(布袋和尚)-鶴岡八幡宮(弁財天)-宝戒寺(毘沙門天)-妙隆寺(寿老人)-本覚寺(えびす)-長谷寺(大黒天)-御霊神社(福禄寿)-江島神社(弁財天)

こうしてみると、おやっ?と思われるかもしれないですね。そうなんです! 弁財天が、鶴岡八幡宮と江島神社の2ヶ所にいらっしゃるので、全部で8ヶ所の神様をめぐることになります。

ちなみに、最初のお寺・神社で、七福神めぐり専用の色紙や御朱印帳を購入し、各お寺・神社で御朱印をいただくと、良い記念になるので、オススメします。

■鎌倉・江ノ島七福神めぐり地図

七福神めぐりコースの地図

七福神めぐりコースの地図


↓大きな地図は、こちら
http://kamakuratrip.net/bmap_sichifukujin.html

北鎌倉の浄智寺からスタート

七福神めぐりは、どこからスタートしてもかまいませんが、今回は、北鎌倉の浄智寺からスタートして、次に鎌倉駅周辺の神社・お寺をめぐります。その後、江ノ電で長谷エリアに移動し、長谷寺と御霊(ごりょう)神社を参拝。そして、最後に江ノ島に向かいます。

さて、まずは北鎌倉駅から歩いて浄智寺を目指しましょう。

北鎌倉の浄智寺の山門

北鎌倉の浄智寺の山門


浄智寺は、境内をぐるっと一周する拝観コースになっており、七福神の布袋和尚は、庫裏(くり)の裏手の洞穴の中に立っていらっしゃいます。

お腹のあたりをさするとご利益があるとされるので、お腹の辺りが黒くなっています。

ユーモラスな表情の浄智寺の布袋和尚。お腹をさするとご利益があるとされる

ユーモラスな表情の浄智寺の布袋和尚。お腹をさするとご利益があるとされる


布袋和尚は、昔の中国に実在したとされる禅僧で、予知能力にすぐれ、占いが必ず当たったことから、未来仏である弥勒(みろく)菩薩の化身ともいわれました。

「堪忍袋(かんにんぶくろ)」という大きな袋を背負っているのが特徴で、「堪忍袋の緒が切れる」ということわざは、布袋和尚に由来するもの。怒ると怖かったのかもしれませんね。

次のページでは、鎌倉駅周辺のお寺・神社をめぐります。