飲み会前日のスペシャルケア

飲み会前日に

飲み会前日に

飲み会の前日には、先ほどお話した基本のスキンケアにプラスして、スペシャルケアを加えてみることで、飲み会当日の第一印象は大きく変わります。合コンなど、さらに気合いを入れて挑みたい飲み会の場合は、数日前からスペシャルケアを始めてもいいかもしれません。

いつもの洗顔が終わったあとに、マッサージクリームを使って、顔を軽くマッサージしてあげましょう。顔の透明感は、血行がよくなることで決まります。マッサージで顔の血行をよくしてあげることで、クスミ予防にもつながりますし、顔の肌トーンがワンランクアップします。

マッサージ器具を使うという人もいますが、その場合は、強く擦りすぎないように注意してください。強すぎるマッサージは、肌のコラーゲンを分断してしまうことになるので逆効果。あくまで、優しくマッサージしてあげましょう。クリームを使うほうが、肌への摩擦が少なくなります。保湿ケアも一緒にしてくれたり、角質除去の効果もあるクリームもあるので、いろいろ選んでみてください。

美容液やクリームが終わってから、首筋をマッサージして、リンパの流れをよくしてあげましょう。肩こりがひどい人は、スキンケアをしながら、あたためたタオルを首に乗せておくのもオススメ。あたためることで、首回りの血行がよくなり、顔のムクミ予防につながります。

毛穴ケアに関していうと、洗顔後、蒸しタオルで顔全体をあたためてください。毛穴がひらいて、化粧水や美容液の入りがよくなります。スキンケアが完了したら、今度は、冷やしたタオルで、毛穴を引き締めてあげましょう。

これだけでも、いつものスキンケアの効果がかなり変わってくるはずです。タオルを用意するのが難しければ、温度調整できる美顔器などを利用してみてもいいでしょう。

美髪ケアもお忘れなく!

飲み会当日は

飲み会当日は

髪が傷んでパサついているだけで、肌の印象は格段に下がってしまいます。
基本的なことですが、シャンプーの後は、必ず髪を乾かしてください。濡れていると、髪の毛の天然トリートメント成分であるキューティクルは、開いて剥げやすい状態になっています。濡れたまま寝て枕などで摩擦を起こすことで、開いたキューティクルはボロボロになり、髪の毛の傷みの原因になります。

髪を乾かす時やヘアアイロンで巻く場合には、事前に洗い流さないトリートメントを使うことで、髪を熱のダメージから守りましょう。ヘアアイロンの熱はかなり高温で、一気の髪のダメージを加速させてしまうので、集中的にヘアケアしたい人は、巻き髪をお休み期間を設けてもいいでしょう。

髪が傷みやすい人は、シャンプーを見直してみましょう。頭皮の肌質に合ったシャンプーを選ぶだけで、髪質はぐんとよくなります。頭皮ケアをきちんとしてあげることも、髪の毛には大切です。ヘッドスパに行く時間がなくても、自宅で使える頭皮ケア用品を使ってみたり、髪を乾かすときに、軽く頭皮をマッサージしてあげるだけでもかなり効果が出ます。「頭皮が1mm垂れると、顔が3cmたるむ」という説もあるように、顔と頭はつながっています。頭皮ケアはスキンケアにも密接にかかわってくるので、ぜひ試してみてください。


飲み会当日のメイク

メイク&ヘアケア

メイク&ヘアケア

一日仕事をしたり出かけていたあとに飲み会、という場合のメイクはどうすればいいでしょう?

仕事が終わってから飲み会までに時間があるようなら、できれば一旦メイクオフして、一からメイクし直すことがオススメです。でも「なかなかそこまでできない」という場合は、朝は薄めメイクで出かけて、飲み会の直前に、シャドウやコンシーラーなどをプラスしてあげましょう。特にファンデーションを重ねる場合は、よれやすくなるので薄めを心がけましょう。肌トラブルの箇所にコンシーラーを使う場合は、できれば、オイルフリーの物をえらびましょう。
飲み会でのリップカラーは、薄めの色がおすすめです。透明のグラスにベットリと濃いリップ跡が付くのは、あまり見た目のいいものではありませんから。

いかがですか?飲み会が増えてくるシーズンはに、しっかりとケアをして、誰よりも輝く、ワンランク上の自分を目指してみてはいかがでしょうか。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。