れんこんは砂漠肌を救う「体内ローションパック」

潤い美肌におすすめのレンコン

潤い美肌におすすめのレンコン

中医学において、しっとりした美肌づくりの要となるのが、「肺」とよばれる臓器。肺は皮膚との関連が深いとされ、肌に弾力や潤いを与えたり、その表面をガードする臓器と考えられています。よって、肺の働きが衰えると肌が乾燥したり、シワができてしまうのです。ようは、肺が潤っていれば、肌はしっとり、シワもピンとはる! ということ。外からいくらコスメでケアしても、肺が潤っていないと意味がないのです。

そして、肌に潤いを与えてくれる食材としておすすめなのが、れんこん。肺に潤いを与えて、その機能をアップするとともに、血液の流れを促進して、うるむちプリ肌に貢献する「食べるモイスチャーコスメ」。粉ふき、ひび割れ砂漠肌を身体の中からビシバシローションパックするつもりで食べましょう!

気管支トラブルを解消する「のど飴フード」

肺は気管支もつかさどる臓器。せき、のどの痛み、声が枯れるといったトラブルがあるときには、れんこんが強い味方。すかさず、のど飴食材として、取り入れましょう。

不眠を解消する「眠れる森の美女」ベジタブル


レンコンは肺以外にも、中医学で「心」とよばれる臓器の働きにも作用します。心の働きが低下すると、眠れない、落ち込みやすい……といった症状を引き起こしがち。レンコンは心の機能を高め、精神を安定させる効果の高い食材。不眠は美容の大敵! 食べる安眠枕・レンコンで、ぐっすり極上睡眠を♪

次のぺージでは、お手軽レンコンレシピを紹介します。