コツさえつかめば意外と簡単!定番フレンチネイルのやり方

フレンチネイルは、シーンや服装を選ばないまさに究極のエレガンスデザイン。セルフだと難しそうに見えるフレンチネイルですが、コツさえ掴めば意外と簡単なネイルアートです。「ハケの使い方」と「描き始めの位置」をマスターすることで、失敗なく仕上がります。
定番!ピンク×白のフレンチ

シンプルエレガンスなフレンチネイルの塗り方は?


まずは定番のピンク×白のフレンチネイルをマスター

「フレンチネイル」とは、爪先に白をのせたネイルデザインのこと。まずは、この基本の白フレンチから挑戦しましょう。フレンチ部分の白色は境界線のラインが目立つので、初心者の方はラメ入りのネイルカラーがおすすめ。また、フレンチのカーブを強く細めの幅にすると、より爪が美しく見えます。

シンプルエレガンスなフレンチ

ピンク×白のフレンチはネイルアートの定番

さらに華やかさが欲しい時は、ストーンなどをあしらってもゴージャスに仕上がります。今回は、ピンク×白の王道フレンチに、ゴールドのパーツやストーンを飾り、上品で華のあるデザインに。

また色の組み合わせを変えることで、ポップやキュートなど幅広い印象のフレンチデザインが楽しめるので、ぜひマスターしたいテクニックの1つです。

フレンチネイルのやり方・塗り方

ベースのネイルカラーを塗る

ベースのネイルカラーを塗る

1.まずコットンスティックにリムーバーをつけて、爪の表面や裏側をふき取ります。仕上がりに差がつくベースコートも塗っておきましょう。爪全体に、パール感のあるピンクのネイルカラーを2度塗りします。

 

サイドから中心に向かって塗る

サイドから中心に向かって塗る

2.先端のフレンチ部分に白のネイルカラーを塗ります。ボトルの口で液の量を調整し、筆先を整えておきましょう。サイドから中央に向かって、線をすっと引くイメージでラインを作ります。

 

逆サイドから重ね合わせるように

逆サイドから重ね合わせるように

3.同じ手順で反対側から塗っていきます。左右のスタート地点が同じ高さになるように、描き始めの位置を揃えておくのがポイント。中央部分の重なりがムラになっていても、2度塗りで整うので気にしなくて大丈夫!

 

2度塗りをする

2度塗りをする

4.同様に左右からフレンチ部分の重ね塗りをします。こうすることで表面の色ムラが消え、キレイなフレンチに仕上がります。

 

左右美しく整ったライン

左右美しく整ったライン

5.フレンチ部分の完成です。爪の形や長さに合わせて、ベストなフレンチ幅を探してみてくださいね。カーブを強く細めの幅にすると、より爪が美しく見えます。

 

パーツを飾ってゴージャスに

パーツを飾ってゴージャスに

6.パーツをのせる部分にネイルグルーやトップコートを塗り、ピンセットでパーツやブリオンを飾ります。さらにその上にストーンをのせて、立体感のあるアートに。

 

トップコートを塗る

トップコートを塗る

7.アートが完全に定着してから、トップコートを全体に重ねます。

 

フレンチネイルのバリエーション

色やアートを組み合わせて楽しむフレンチ

色やアートを組み合わせて楽しむフレンチ

(左)トレンドのW丸フレンチ
今人気のある丸フレンチを、ベージュとブラウンのWフレンチで仕上げます。丸フレンチは、爪の短い方でも楽しめるフレンチデザインです。ゴールドのストーンやブリオンを曲線ラインに並べて、より華やかな印象に。

(中央)ブラックのクールフレンチ
ピンク×白が定番のフレンチも、クリア×ブラックに変えるとこんなにシャープ&クール! フレンチの幅は広めにして、そこにカットしたホログラムを飾ります。ブラックのシャープさをより際立たせるアートです。

(右)カラーがキレイなプッチ柄フレンチ
フレンチ部分にプッチ柄を描いた、上品でゴージャスなデザイン。ラメ入りのピンクやパープルで作るプッチ柄は、なんとも華やか。ゴールドのラメラインを引いて、キラキラ感をアップさせ、最後に結晶のパーツを飾ります。


ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校・新宿校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、SHINJUKU(03-3352-0129)
GINZA(03-6252-3300)、HIROO by erikonail(03-3442-1155)
taAko-izu by erikonail(03-5785-2228)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。