デニム柄ネイルはスポンジを使えば簡単に作れる!

春夏にぴったりな爽やかデニムネイル

春夏にぴったりな爽やかデニムネイル

ファッションでもおなじみのデニムを、指先にも取り入れてみませんか? 一見複雑そうに見えるデニムネイルも、実はセルフで簡単にできちゃいます。用意するものはスポンジとアクリル絵の具だけ。スポンジは特別なものではなく、食器用のものでOKです。

ジーンズのようなかすれた風合いを食器用スポンジで再現

ジーンズのようなかすれた風合いを食器用スポンジで再現

今回は爽やかなブルーデニムをイメージして作っていますが、チョイスする色を変えれば濃紺デニムも簡単にできます。ベースのデザインはシンプルに作り、スタッズをイメージしたストーンを乗せたり、ステッチをラインで描いたりするとおしゃれ度がアップ!

デニムネイルのやり方・簡単な作り方

ベースコートを塗ってから、ホワイトカラーを2度塗り

ベースコートを塗ってから、ホワイトカラーを2度塗り

1.まずはベースコートを甘皮周りまでしっかり塗っておきましょう。次に、ブルーと相性の良いホワイトのベースカラーを2度塗りします。はみ出してしまった時は、コットンスティックにリムーバーをつけて修正してください。

スポンジをカットして、水色の絵の具を取る

スポンジを小さくカットして、水色の絵の具を取る

2.まず食器用スポンジを小さくカットしておきます(アイシャドウのチップでも代用可)。アクリル絵の具の水色、ネイビー、ホワイトを準備して、最初に水色の絵の具をスポンジに少量取ります。

水色はかすれる位の量がベスト

水色はかすれる位の量がベスト

3.スポンジで軽くぽんぽんとたたくように色をのせます。水色は全体に均一になるようにのせていきましょう。 スポンジに絵の具を含ませすぎると、かすれた感じが出なくなるので要注意。

スポンジにネイビーの絵の具をつけて縁取りする

スポンジにネイビーの絵の具をつけて縁取りする

4.次にネイビーをスポンジに取り、周りを縁取るようにのせていきます。多少縁取りの量がバラついてもOKです。


最後にホワイトを中心にのせる

最後にホワイトの絵の具を中心にのせる

5.最後にホワイトを中心にだけのせて、色の重なりで奥行き感を出します。 3色使うことでプロっぽい仕上がりに。

ピンセットでデニム風のストーンをのせる

ピンセットでデニム風のストーンをのせる

6.トップコートを重ねてから、デニムの装飾をイメージしたストーンを飾って個性をプラス。

トップコートを塗って定着させる

トップコートを塗って定着させる

7.トップコートを全体に塗って、カラーとストーンを保護すれば完成です。このひと手間でデザインが長持ちします。

ほんのりかすれたデニムネイルの完成!

ほんのりかすれたデニムネイルの完成!

8.ほんのりかすれた感じは、スポンジならではの質感。スポンジでぽんぽんとたたくだけで、こんなにおしゃれな仕上がりに!爽やかなデニムネイルを楽しんでみてくださいね。

デニムネイルバリエーション

ひとアレンジ加えて周りと差をつけて!

ひとアレンジ加えて周りと差をつけて!


(左)デニム×レースの甘デザイン
デニムネイルを可愛くつけこなすなら、レースアートとの組み合わせがおすすめ。細筆にホワイトを取り、レースのように半円を描いていきます。ゴールドのスタッズ以外に、パステルカラーのストーンなども◎です。

(中央)Tシャツみたいな文字入り!
デニムといえば白いTシャツ。文字入りTシャツのファッションのように、爪先にもLOVEをいれちゃいましょう。カジュアルなファッションとの相性バツグンです。ハートのホロをのせて大人かわいく仕上げます。

(右)本物みたいなステッチ柄
ステッチのラインを際立たせるため、ベースは白の逆フレンチに。お裁縫のように、デニムの部分に白の絵の具でチクチクとステッチを描きます。デニムの部分を濃紺にすると、さらにステッチが目立つので気分でチェンジ!

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、GINZA(03-6252-3300)、
HIROO by More Couture(03-3442-1155)NAGOYA(052-541-6661)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。