人工爪ってどんなもの?

ネイルサロン
ネイルサロンではオーダーの多いメニューです
『スカルプチュア』『ジェルネイル』…。最近ネイルを楽しむ人の中では、こうしたいわゆる人工爪をデイリーに取り入れる人が多くなってきました。

人工爪はもともと、爪が弱くて伸ばすことの難しい人でも美しい爪先を演出することができるように開発されたものです。そうした目的で人工爪を取り入れる人もいますし、人工爪ならではの美しいデザインを求めて取り入れる人もいます。

これら人工爪、そもそもどういったものなのでしょう?今回は、人工爪の中でも代表的な『スカルプチュア』『ジェルネイル』について良い点と気をつけた方がいい点をまじえながらお伝えします。


スカルプチュアとは…?

本来『スカルプチュア』という言葉は、人工爪の総称を指します。けれでも一般的に『スカルプチュア』というと、『アクリリックネイル』と呼ばれるアクリルリキッドとアクリルパウダーを化学重合させたミクスチャーを使って作る人工爪のことを示しています。

ミクスチャー
爪の長さを出すためにフォームを装着し、その上からミクスチャーをのせていきます
アクリルリキッドを含ませた筆でアクリルパウダーを取ると化学重合が起き、ミクスチャーというドロドロとした固いクリーム上のものができあがります。これを爪の上に置いて、爪の形を作っていきます。このミクスチャーは時間が経つにつれて自然硬化していきますので、完全に固まったらファイルを使って爪の形に整形していきます。

スカルプチュアを使って爪を作るには、次の2つの方法があります。

◆チップオーバーレイ
◆ベーシックスカルプチュア


チップオーバーレイは、爪の先端にネイルチップを装着し、その後全体にミクスチャーを使って補強をする方法です。ベーシックスカルプチュアは、ネイルチップは使わずに全体をミクスチャーを使って作り上げていく方法です。一般的にネイルサロンでは、ベーシックスカルプチュアを主に取り入れているサロンが多いようです。


良いところもあれば、気をつけなければいけないところも…
スカルプチュアは、ここに気をつけて!

スカルプチュア
◆良いところ

スカルプチュアでは、地爪ではできないような美しいアートを施すことができます。例えば左の写真のように、透明なミクスチャーをベースに先端だけラメを混ぜることで、ポリッシュを使った時とは異なる立体的なアートデザインを楽しむことができます。

アクリルパウダーは透明なものだけではなく、ホワイトをはじめ様々な色が揃っていますのでデザインバリエーションが非常に多く、爪をなかなか伸ばすことができない人でも簡単に丈夫な長い爪を作ることができるのが良い点です。

◆注意したいところ

けれども一方で注意したい点は、爪に対する負担です。スカルプチュアをつける際に爪への接着を良くするため、地爪をファイルで削ることから、爪が薄くなってきてしまいます。そして独特の臭いがあります。アクリルリキッドの臭いは苦手な人もいますので事前に確認した方が良いでしょう。また、スカルプチュアを外す時にはアセトンという強い刺激のある液体を使って溶かしていくことから、肌が荒れたり乾燥する場合があります。

スカルプチュアをつける場合は、ネイリストさんと爪のコンディションについて相談をした上でつけてもらうと良いでしょう。またスカルプチュアは決して自分で無理にはがしたりせずに、是非ネイルサロンに行って施術してもらってくださいね。

続いて、ジェルネイルについてです>>