夏の素足を楽しむ!白×ピンクのシンプルなフットジェルフレンチ

1か月塗りなしナシでキレイが続く

1か月塗りなしナシでキレイが続く

サンダルになる季節は、足元もネイルで華やかに。マニキュアだと頻繁に塗り直しが必要ですが、ジェルなら1か月程度持たせることができるので、せっかくだからちょっと凝ったデザインにトライ!

今回ご紹介するのは、シンプルだけど定番人気のフレンチです。足の爪は面積が広いので、初心者さんでもフレンチラインを描きやすいのがポイント。手と違って視線から遠いので、大胆にラインを引いてもOKです。最後に親指にはストーンを飾って、きらめきもプラスすれば夏フットジェルネイルの完成!

フットでも大活躍!ジェルポリッシュなら初心者でも簡単

フレンチなどのデザインは失敗しやすいので、硬化するまで何度でも塗り直せるジェルならゆっくりと仕上げることができます。でも、事前に爪を削ったり、ブラシにジェルを取って塗るのは難しい……という方におすすめのが「ジェルポリッシュ」。サンディング不要でマニキュア感覚で手軽に使えます。

フタの内側にハケが最初からついているため、ブラシなどは必要なくボトルのキャップを開けて塗るだけでOK。フットは10本利き手で塗ることができるから、本当にペディキュア感覚で簡単に仕上げることができますよ。

ジェルポリッシュで仕上げるフレンチフットネイル

1度塗りは薄く塗るのがコツ

1度塗りは薄く塗るのがコツ

1.爪の形を整え、甘皮をオフした状態から塗っていきましょう。ジェルは粘度があり下に流れやすいので、上半分→エッジ(爪の先端)→下半部の順で淡いピンクを塗ります。

 

1本ずつ30秒硬化

1本ずつ30秒硬化

2.1本仕上がったら、1本ずつ硬化していきます。固まっていない状態で物に当たるとヨレてしまうので、ライトに当たらないように中に入れてください。UVライトに入れて30秒硬化。秒数はメーカーによって違うので確認が必要です。

 

まずは右から左のライン

まずは右から左のライン

3.淡いピンクを2度塗りして硬化させたら次はフレンチ。ボトルをよく振って、ボトルの縁でハケをしごいて量を調整しておきます。ハケを平らに整えて、ホワイトでフレンチラインを右から左へ描きます。

 

次は左から右へのライン

次は左から右へのライン

4.親指は面積が広いので、フレンチの幅も太めでOK。4で描いたラインに重なるように、左から右へ線を描きます。

 

表面のムラをなじませる

表面のムラをなじませる

5.ジェルは硬化するまで修正が可能。線のガタつきや、塗りムラをなじませて修正します。修正が終わったら再度30秒硬化させてください。

 

2度塗りが完成

2度塗りが完成

6.もう一度フレンチのラインを塗り重ね、30秒硬化させます。根元が伸びてきてもベースが淡いピンクなので目立ちにくいのも◎。

 

ストーンを飾る場所にトップコートを塗る

ストーンを飾る場所にトップコートを塗る

7.オールインワンタイプのジェルポリッシュはトップコートも含まれているので、単色塗りでもツヤがあるのが特徴。トップコートはさらにツヤが欲しい場合や、アートをしたい場合に使用します。ストーンを飾りたい場所にトップコートを塗ります。

 

敷き詰めてもゴージャス

敷き詰めてもゴージャス

8.ピンセットでトップコートを塗った場所にストーンやパールを飾ります。

 

ストーンで華やかに

ストーンで華やかに

9.全体にトップコートを重ねて、ストーンをキープ&ツヤ感をアップ。

 

1か月間デザインが長持ち

1か月間デザインが長持ち

10.30秒硬化させたら完成です!

 

ジェルポリッシュの落とし方・オフの仕方

オフも簡単なジェルポリッシュ

オフも簡単なジェルポリッシュ

コットンにジェルリムーバー(アセトン)をひたひたとするまで含ませ、アルミホイルでぴったりと巻いて5分放置。剥がれてきたネイルをウッドスティックで剥がしていきましょう。強くこすらないと落ちない場合は、もう少し放置タイムが必要です。






フレンチデザインバリエーション

ラインが上手く引けなくても大丈夫!

ラインが上手く引けなくても大丈夫!

(左)きらきらパールフレンチ
フレンチのラインがどうしても曲がってしまう、均一に描けない…。そんな時はライン上にストーンやパールを飾って隠してしまうのも1つの手。中央は大きなパール、サイドは小さなパールを飾れば立体感のあるデザインに仕上がります。

(中央)もこもこフレンチ

雲のようなもこもことしたラインで作るフレンチは、ハケでラインを描いて塗りつぶしていきます。ベースと同化するカラーを選べば、少しラインが失敗しても目立ちにくいのでおすすめです。リボンスタッズでよりキュートに。

(右)まっすぐフレンチ
ピンク×ブルーのカラーの爽やかな色使いに、ゴールドのラインテープやリーフ型のスタッズを組み合わせてエスニックテイストをプラス。ラインテープを貼るのが難しい場合は、ゴールドのラメラインでもキラキラ感が出て◎です。

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校・新宿校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、SHINJUKU(03-3352-0129)
GINZA(03-6252-3300)、HIROO by erikonail(03-3442-1155)
taAko-izu by erikonail(03-5785-2228)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。