男性は女性を冷静に観察しています。どんなにメイクやファッションに気を使っていても、無意識な振る舞いがあなたへの評価を下げてしまうこともあります。ダメ出しされる“ダル女子”にならないためにも、男性目線での立ち振る舞いを考えていきたいですね。ちなみにダル“dull”は英語で“鈍感”を意味します。

ダル女子の振る舞い その1 /メイク直し

グロスをつけるだけでもマナーがあります

グロスをつけるだけでもマナーがあります

男性の前でのメイク直しはなるべく控えたいものです。しかし、グロスを塗ったり、鏡を見ながらのヘアスタイルやアイメイクなどのチェックは、許されると思っていませんか。ほとんどの男性は女性の裏舞台を見るのが好きではありません。初めてのデートなら、なおさら。あなたの鈍感な癖や習慣が見えると、気持ちが一気に引いてしまいます。


ダル女子振る舞い その2 /携帯と時計

デートの時、携帯チェックはどうしていますか? メールやSNSでのやりとりが多い方でも、頻繁に携帯電話を見るのはもちろんマナー違反。あなたの無神経さに彼は幻滅します。また、時計をチラチラと見るのもNG。「退屈?つまらない?」「帰りたくなっているのか」と彼はガッカリします。


ダル女子振る舞い その3 /会話力

デートを盛り上げる基本は言葉のキャッチボールです。男性が盛り上げようと一生懸命話題を提供しても、あなたが上手に応えられなければ意志の疎通がなされず、一方通行になってしまいます。逆に、あなたが一方的に自分のことばかり話していたら、どんなに聞き上手な彼でも、いい加減ウンザリしてくるでしょう。


ダル女子振る舞い その4 /和食の作法

急なお誘いでも慌てないために、今日から和食マナーを!

急なお誘いでも慌てないために、今日から和食マナーを!

ナイフやフォークの使い方は知っていても、お箸の上品な上げ下げなどをはじめ、和食の作法を習得している人は意外と少ないもの。特に寿司店での食べ方や立ち居振る舞いは、正統なお店ほど目立ちますから要注意です。にぎりのネタをはがしてお醤油をつけたり、噛み切って召し上がっている姿を見たら、彼はきっと失望しますよ。


次ページでは、彼からの評価を確実に高める
「グレートレディ」へのアプローチをご紹介! →
こちら