阪急「正雀」駅とJR「岸辺」駅に挟まれたエリアは、2線2駅のダブルアクセスであり、大変便利な場所なのですが、いかんせん土地が少ないです。両駅が400m程度しか離れていない上に、阪急電鉄正雀工場と大阪学院大学の広大な敷地があるからです。

集落の後も残る開発余地の残る街並~正雀・岸辺中間エリア

正雀駅北側

阪急「正雀」駅北側徒歩1分。これも駅前感ゼロ。

正雀、岸辺、大阪学院大学

「岸辺」「正雀」間西側の敷地のかなりをしめる大阪学院大学

正雀、岸辺、大阪学院大学

複数ブロックにまたがっているため、道路の両サイドが大学の敷地となっている

正雀工場、阪急、岸辺

木造瓦葺き屋根の建物が複数残るエリア

正雀工場、阪急、岸辺

こちらの風景も「2線2駅の交通至便!」とは思えないような街並

正雀、岸辺、大阪学院大学

ミニ開発戸建てと残された土地

正雀、岸辺、大阪学院大学

阪急線を超え南に行く歩道橋。その大きさから距離の隔たりがわかる。

正雀、岸辺、大阪学院大学

JR線を超えて北に行く地下通路。線路北側は遠い先に。

正雀、岸辺

JR駅舎から通路を通って北側にでるにもこの距離がある

真新しい駅舎

2012年に完成した建物JR「岸辺」駅駅舎。屋根の曲線部分は千里丘陵の山並みを表している、らしい。

岸辺駅前

駅前は郊外のような駐車場併設形の商業店舗が並ぶ


阪急「正雀」駅、JR「岸辺」駅、どちらも各駅停車しか止まらない地味な駅ですが、その分住宅地としてはまだまだ発展途上であり、これから住宅や商業が増えていくエリアだと思います。JR吹田操車場跡地開発を待つもよし、先に見てみるもよし。注目される前の今なら、駅近一戸建ても夢ではありません!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。