後ろ姿に年齢が出るのはなぜ? 後ろ姿が丸くたるんでくる理由

後ろ姿の写真や鏡を見て、「えっ、思っていたよりオバサン……」と思ってしまうことはありませんか?

後ろ姿の写真や鏡を見て、「えっ、思っていたよりオバサン……」と思ってしまうことはありませんか?

何気ない瞬間に撮られた写真を見て、自分の後ろ姿が思っていた以上に老けていたり、年齢以上に見えたりして、ショックを受けたことはありませんか? 後ろ姿は、普段なかなか自分でじっくり見る機会が少ないので、ついついケアすることなく放置しがちですよね。

私たちは知らず知らずのうちに前のめりに生活をしています。本を読んだり、パソコンをしたり、料理をしたり……。腕を後ろ側に向けて使うよりも、腕を前側にして使う時が多いという日常の自然な動作から、背中の筋肉が伸びた状態で弱化し、胸の筋肉が縮まった状態で弱化しやすくなってしまいます。普段からストレッチなどほとんどしない人で、背面に余分なお肉がつきやすい人は、上半身に連動して、足全体の裏側も硬くなりがちです。それによってお尻の筋肉が上手く使えなくなり、背中や腰まわりに余分なお肉がついて、お尻はたるんでしまう事が原因として考えられます。

女性は30歳を過ぎた辺りから、女性ホルモンの「エストロゲン」と、酵素のリポ蛋白リパーゼ(LPL)の影響で、脂肪が蓄積されやすくなります。もともと脂肪がつきやすいお腹から腰、お尻と太ももまわり以外の背中につきはじめると、ドッと歳を取ったようにみえるのです。

どんな方法で丸くなった背中やたるんだ腰まわりを解消すればいいのでしょうか?
   

脂肪のない若々しい後ろ姿を手に入れるには

丸くなった背中やたるんだ腰まわりをすっきりさせて若々しい後姿を手に入れるには、「脂肪が溜まりやすいゾーン」ができた原因から解消する必要があります。

身体には沢山の筋肉がありますが、全て連動しています。たとえば、立ったまま両腕を上にぐっと伸ばしてみてください。すると腕の筋肉だけではなく、お腹や背中や脚の筋肉が引き上げられるのがわかりますよね。一見関係のないと思える部位と部位が、深く関連し合っているとも言えます。身体の筋肉は連動し合いながら姿勢がスムーズにできるように働いているのです。なので、筋肉の一部がアンバランスに固くなったり緩んでしまったりしていると、そこが上手く機能しなくなり、脂肪ゾーンが出来るのです。私はこの上手く機能しなくなった筋肉の事を「こわばり筋」と呼んでいます。

こわばった筋肉をきちんと働かせるようにしてあげる為にはまず「伸ばす」(ストレッチ)を行うことが必要です。ストレッチの後は基礎代謝を上げたり、綺麗なたるみのない綺麗なボディーライン作りには欠かせない筋肉(この筋肉を「ビューティー筋」と呼びます)に刺激を与えてあげることが重要なのです。

 

若々しい後ろ姿を手に入れる!簡単2ステップエクササイズ

■ステップ1 こわばり筋エクササイズ 20秒静止
 
説明画像

こわばり筋エクササイズ1

足の裏にタオルをしっかり巻いた物を置き、かかとだけ床に着けた状態にします。
壁に手を置き、体重を後ろにかけるようにします。
胸を広げ、背中をまっすぐにし、膝を曲げないようにして、胸と太もも裏とふくらはぎをしっかりストレッチします。
 
■ステップ2 ビューティー筋エクササイズ 左右5回ずつ
 
説明画像

ビューティー筋エクササイズ1

胸の真下に両手を置き、お腹と脚の付け根、膝が90°になるようにして、お腹の芯に力を入れ、右手と左足を遠くに伸ばします。
 
説明画像

ビューティー筋エクササイズ2

バランスを崩さないように、ゆっくり右手と左足を小さく横に広げます。
 
説明画像

ビューティー筋エクササイズ3

右手と左足をビューティー筋エクササイズ1の状態にもどします。
 
説明画像

ビューティー筋エクササイズ4

右肘と左膝をおへその辺りでくっつけます。
身体が斜めにならないように、体勢を維持するよう意識しながら行います。これを繰り返します。
左手と右足も同じように行います。


 

鏡で改めて自分の後ろ姿をみて、「はっ!!」とされた方は是非挑戦してみてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。