都心編に引き続き、今回は郊外の大規模、中規模、小規模の3部門の優秀マンションのご紹介です。

郊外・大規模マンション部門

1位 シティタワー武蔵小杉(住友不動産)
武蔵小杉

1、2位とも武蔵小杉。ここ数年で、武蔵小杉駅周辺には高層マンションが建ち並んでいます。

1位が2物件。同じ武蔵小杉のマンションで甲乙つけがたいと。シティタワーの集大成と位置付けたビッグプロジェクトです。53階建て・総戸数800戸という規模と人気の住宅街武蔵小杉駅徒歩4分の立地に評価が集まりました。総面積8,600平米超の敷地を活かし、足元にはイーストパークをはじめ複数の広場を設けるなど街の景観にも配慮されています。専有部は、大型窓「ダイナミック・パノラマウィンドウ」とアウトフレーム工法を組み合わせ眺望の良さをより高めています。地震エネルギーを吸収する中間免震構造を採用。

シティタワー武蔵小杉、もっと知りたい方は……こちら


1位 パークシティ武蔵小杉ザグランドウイングタワー(三井不動産レジデンシャル・三井都市開発)

武蔵小杉駅徒歩1分。駅前広場や商業・医療施設などとともに複合開発。武蔵野の緑を再生し、先行して竣工した2棟とあわせて武蔵野の森に降り立つ3羽の鳥を
イメージした外観デザインです。登頂部の曲線で翼の断面状を数十種類のタイルで貼り分け、羽ばたく翼を表現。防災対策の専門家の指導により複層防災の設備仕様を導入しています。制震構造。下水が損傷しても3日はトイレの汚水が排水できる汚水層を備え、各フロアには簡易トイレも備蓄。専有部の非常用照明に電力を供給する72時間稼働の大型発電機、共用部電力を賄う太陽光発電とカセットガス式発電機も設置するなど、多角的な防災対策が施されています。

パークシティ武蔵小杉ザグランドウイングタワー、もっと知りたい方は……こちら


2位 クレヴィア豊田多摩平の森RESIDENCE(伊藤忠都市開発ほか)
豊田駅徒歩5分、敷地に隣接してイオンモール多摩平が2014年11月にオープン予定という利便性の良さ。敷地内の高木を残して建設するなど環境の良さにも配慮れています。ライブラリールーム、ゲストルーム、キッチンスタジオ、キッズルームなどの共用施設。クリニックモールや認証保育所の設置、3LDK、4LDKに特化した間取りプランなど子育て世代に便利で安心な暮らしを提供しようとの作り手の思いが感じられます。

クレヴィア豊田多摩平の森RESIDENCE、もっと知りたい方は……こちら


3位 ライオンズ港北ニュータウンローレルコート(大京・近鉄不動産)
総戸数221戸。港北ニュータウンの雄大な自然の再現をめざし、敷地内に井戸を設け、その水を利用してせせらぎやビオトープを設置。また水の循環には太陽光エネルギーを活用するなど環境共生に配慮されています。ありきたりではないマンションを、という作り手の気概が感じられるマンションです。

ライオンズ港北ニュータウンローレルコート、もっと知りたい方は……こちら


郊外・中規模マンション部門……次のページ