庚申堂から北へ徒歩3分程、東西に200m超、南北に300m超の、これまた雄大な敷地の四天王寺があります。聖徳太子が建立したとされています。取材当日はお彼岸の露天がたくさんあり、土曜日という事もあって多くの方がお参りされていました。季節を感じられる行事がある街って素敵です。

四天王寺

四天王寺を南からのぞむ。休日のお彼岸で車が多い。

四天王寺

すぐ東側には高層マンション。高層階からは境内が良く見える事であろう。

四天王寺露店、お彼岸

境内はお彼岸という事もあり、露天商がにぎわう。

四天王寺五重塔。

四天王寺の五重塔は鉄筋コンクリート造。

大阪高低差学会

上町台地の歴史を説明する大阪高低差学会の大西氏。

大阪高低差学会

色々な地図で詳細に説明をしていただいた。

大阪高低差学会

一体、何枚の地図を持ってこられたのであろうか??


昔の海岸線は上町台地の西端であったこと、以前はたくさんの川が市内中心部にあったが今では道頓堀川や横堀川等一部の川以外は埋め立てられてしまったこと、等々いろいろなお話をいただきました。実際に歩いたタイミングで話を聞くとすーっと頭に入ります。

大阪を代表するターミナル駅の一つである「天王寺」駅から10分足らず歩くだけで「台地感」、本イベント的には「スリバチ感」、「高低差感」を感じると同時に街の歴史的厚みに触れる事ができました。

次回の「高低差が楽しい!~天王寺/四天王寺界隈vol2」では上町台地の西端にある「天王寺七坂」をレポートします!


【関連記事】
京都の水辺を歩いてみた!その1 with東京スリバチ学会
京都の水辺を歩いてみた!その2 with東京スリバチ学会

バイク好きならここに住め!~(大阪)下寺町界隈
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。