中国一の「観光都市」として選ばれた成都

2001 年から中国国家旅行局と世界観光機関UNWTO(World Tourism Organization)は「中国最佳旅游城市(中国一の観光都市)」を決めるプロジェクトを開始。2006年に「杭州」「大連」と並び「成都」が選ばれました。また成都は2010年にユネスコ(国連教育科学文化機関)からアジア初となる「グルメ都市」として選出されています。

成都旅行(基本情報・日本からのアクセス)

そんな名実ともに世界に認められた四川省の省都・成都には毎年多くの観光客が訪れます。今回はこだわった個人旅行を行う中国人、外国人に人気の古き良き中国らしいアンティークなホテルを中心にご紹介します。

中国のホテルの呼び方

中国ではホテルの呼び方が複数あり、大きく二つに分けられます。
高級ホテル~中級ホテルの場合
  • 賓館(ビングァン)
  • 酒店(ジュウデェン)
  • 飯店(ファンデェン)

ゲストハウス、または安いホテルの場合
  • 旅社(リューシァ)
  • 旅舍(リューシァ)
  • 招待所(ジャオダイスオ)
最近は「古き良き伝統的な宿の復興」への期待からか、昔の宿屋の呼び方「客桟(カージャン)」を使用するホテルも多くなりました。

ホテルの手続きについて

ホテルに着いたら、まずはチェックインです。高級、中級ホテルの場合、宿泊代は基本的に前払いです。そして、支払いの際に必要になるのが、保証金となる「押金(ヤージン)」です。

この「押金」は高額なので、クレジットカードで支払うことをお勧めします(ゲストハウスの場合、押金は安いので、現金でOK)。チェックアウトの際に「押金(ヤージン)」は返金されますので、安心を。

高級ホテル1 錦江賓館 - SICHUAN JINJIANG HOTEL

錦江賓館

錦江賓館 - SICHUAN JINJIANG HOTEL

1958年に建てられた成都で一番歴史がある内資のホテルです。成都人に「成都で一番よいホテルは?」と聞くと大抵このホテルを紹介してくれます。値段は高いですが、政府高官が会合などを開く由緒ある老舗ホテルです。門番にはインドのシーク教徒が立っています。市内中心部でロケーションが良く、目の前に地下鉄の駅があります。

<DATA>
錦江賓館(ジンジャンビングァン)
場所:四川省成都市錦江区人民南路二段80号
価格:S=850元~ T=850元~(参考)


高級ホテル2 円和円仏禅客桟 - BUDDHAZEN HOTEL

円和円仏禅客桟

円和円仏禅客桟 - BUDDHAZEN HOTEL

まさに古き良き中国!という言葉がぴったりの中国アンティークで統一されたコンセプトホテル。仏教のお寺「文殊院」から歩いて5分の場所にあり、観光に便利。仏教にちなんだ名前のせいか、スタッフがとても穏やかでサービスが良いです。

<DATA>
円和円仏禅客桟(ユェンハァーユェンフーチャンカージャン)
場所:四川省成都市青羊区文殊坊B6-6号
価格:S=400元~ T=400元~(参考)


高級ホテル3 合江亭翰文酒店 - HEJIANGTING HANWEN HOTEL CHENGDU

合江亭翰文酒店

合江亭翰文酒店 - HEJIANGTING HANWEN HOTEL CHENGDU

2008年に建てられた4つ星のホテル。このホテルがある合江亭という場所は縁起がいい場所と言われています。
成都では合江亭の「合」が「合歓(ハァーホァン)」という男女が仲睦まじく愛するという意味に捉えられ、若い新婚のカップルが結婚式後に写真を撮りに来る場所としても有名です。

目の前には府南川があり、川の向こうには若者が集まるバー街があります。

また香港の蘭桂坊にインスパイアされてできた高級エリア「成都蘭桂坊」には歩いて5分の高立地です。

<DATA>
合江亭翰文酒店(ハァージャンティンハンウェンジュウデェン)
場所:四川省成都市錦江区濱江東路138号
価格:S=450元~ T=450元~(参考)