トマトとアボカドの爽やかレモンそうめん

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物そうめん

 

ビタミンCとビタミンEたっぷりの爽やかそうめん

夏によく食べるそうめんをちょっとアレンジして、ひと味違った一皿に仕上げます。このレシピなら、ビタミンCが豊富なレモンやトマトと、ビタミンEが豊富なアボカドを一度に美味しく摂ることができます。

トマトは、ビタミンCのほか、ビタミンA、E、リコピンなどさまざまな栄養を含んでおり「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざまであるほどですので、食欲がないときにもぜひ積極的に食べたいお野菜です。

アボカドは、森のバターとも呼ばれるほど脂肪分を豊富に含み、栄養価が高いのが特徴です。けれども、この脂肪分のほとんどは体内のコレステロール値を下げる働きをしてくれる不飽和脂肪酸なので、成人病予防なども期待できるのです。

めんつゆにも一工夫していますので、食欲がないときでもするするっと食べられてしまいます。栄養を上手に摂って、暑い夏を、元気に乗り切りたいですね。

夏野菜のレモンそうめんの材料(2皿分

夏野菜のレモンそうめんの材料
そうめん 2束
レモン 1/2個
オリーブオイル 小さじ1
めんつゆ 50cc
100cc(めんつゆ用)
フルーツトマト 1個
アボカド 1/2個
トマトは皮や中身がしっかりと引き締まって甘みの強い、フルーツトマトがおすすめです。アボカドは皮が黒くなった、食べごろのものを買いましょう。

夏野菜のレモンそうめんの作り方・手順

夏野菜のレモンそうめんの作り方

1:トマトをカットする

トマトをカットする
トマトは半分に切って、ヘタの部分を三角に切り落とし、角切りにします。

2:アボカドをカットする

アボカドをカットする
アボカドは種をとって皮をむき、角切りにします。 アボカドを上手にカットするには、まず縦半分にぐるりと一周包丁で切り込みを入れて、手でひねって半分に割ります。さらに包丁の下側の角を種に刺してひねると簡単に種が取れます。あとは実の部分をつぶさないように手で皮をむけばできあがりです。

3:レモンをカットする

レモンをカットする
レモンを半分にカットして、一枚分薄くスライスしておきます。

半分にカットした実の部分は、絞ってレモン汁にします。
スライスにしたものは、中央から一カ所切り込みを入れておきます。

4:そうめんを茹でる

そうめんを茹でる
そうめんを茹でます。

茹で上がったら氷水でしっかりしめます。 そうめんの茹で時間は2分程度ですが、そうめんの袋に書いてある時間に合わせてください。

5:つゆを作る

つゆを作る
めんつゆの素50cc、水100cc、オリーブオイル小さじ1、レモン汁1/2個分を入れて、つけ汁を作ります。 さらにひんやりしたい場合は、水を少なめにして氷を入れても良いです。

6:盛りつける

盛りつける
皿に、麺とトマトとアボカドを盛りつけ、レモンを添えて、つゆにつけていただきます。 レモンは、切り込みを入れた部分の左右を反対側に引っぱって押さえつけるように置くと、写真のようなリボン形になります。

ガイドのワンポイントアドバイス

オクラや長芋なども合いますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。