ニュージーランドでの宿泊スタイル

宿泊も旅行の楽しみの一つ©ニュージーランド政府観光局

宿泊も旅行の楽しみの一つ©ニュージーランド政府観光局

宿泊も旅行の楽しみの一つなので、どこに泊まるか慎重に決めたいもの。ニュージーランドにはホテル以外にも、農牧場体験ができるファームステイや、車での旅行に便利なモーテル、格安な簡易宿泊施設のバックパッカーズなど、いろいろな宿泊タイプがあるんです。そこで、ニュージーランド旅行の参考になるように、ニュージーランドの宿泊施設について紹介していきます。自分の旅行スタイルにあったものを選んでみてくださいね。

宿泊施設を選ぶ上での参考としては、クォールマークと呼ばれる評価があります。目印はニュージーランドを象徴する植物で、オールブラックスのユニフォームにも使われているシルバーファーン(ニュージーランドに自生する銀白色のシダ植物)のマーク。下に宿泊タイプの表記と、ランクが星1~5つで示されています。

ニュージーランドのホテル

世界的に展開しているチェーンもあり、やっぱり安心できるホテルの宿泊。フロントが24時間対応してくれるし、日本語を話せるスタッフがいるホテルもあり小さなお子さん連れにも安心。日本に比べて、高級ホテルは一泊200ニュージーランドドル(約14000 円)から、中級ホテルは100ニュージーランドドル(約7000円)からと、日本のホテルに比べて予算が安めです。

詳細はこちら>>>ニュージーランドのホテル

ニュージーランドのモーテル

車で移動することが多いニュージーランドでは人気の高い宿泊施設。ベッドルームとリビングに、調理用具付きのキッチンがあり、駐車場も併設されています。1部屋で90~150ニュージーランドドル位(約6300~10500円)。

詳細はこちら>>>ニュージーランドのモーテル

ニュージーランドのB&B

「B&B」とはベッド&ブレックファーストの略で、朝食付きの宿泊施設のこと。一軒家を改造した小規模なところが多く、家庭的な雰囲気でオーナーがもてなしてくれます。フレンドリーなオーナーとの交流が楽しい! 約100ニュージーランドドル(約7000円)くらいから。

詳細はこちら>>>ニュージーランドのベッド&ブレックファースト

ニュージーランドのバックパッカーズ

宿泊費を安く済ませたい旅行者や、長期旅行者、学生などに人気のバックパッカーズ。日本からの旅行者にも意外と人気があるんですよ。リビング、キッチン、シャワー、トイレなどを共同で利用する簡易宿泊施設で、リビングには旅行者が集い和気あいあいとした雰囲気。

詳細はこちら>>>ニュージーランドのバックパッカーズ

YHA(ユースホステル)

ユースホステルはバックパッカーズ同様にリビング、キッチ(シーズンHイレなどを共同で利用する簡易宿泊施設。ある一定のクオリティが保証されているところが安心。料金は一人一泊20ニュージーランドドル(約1400円)から。

詳細はこちら>>>ニュージーランドのユースホステル

ホリデーパーク

子供連れや宿泊費を安く済ませたい旅行者、アウトドア派に人気なのが、ホリデーパークと呼ばれるキャンプ場。キャンプ場とは言っても宿泊スタイルも多様で、設備がとても充実しているんです。ビーチや湖、川の周辺にあることが多く、また、家族連れが多いからか、和気あいあいとした雰囲気の宿泊施設です。

詳細はこちら>>>ニュージーランドのホリデーパーク

ファームステイ

ファームステイは、ニュージーランドならではの体験ができるということから海外からの旅行者にとても人気がある宿泊の一つ。農牧場ならではの様々なアクティビティの体験を通して、ニュージーランドのファームについて学ぶこともできるんです。宿泊料金は一人一泊100ニュージーランドドル(約7000円)程度から。

詳細はこちら>>>ニュージーランドのファームステイ