ニュージーランドのトイレは日本とほぼ一緒!

日本とあまり変わらないので違和感なく使えるニュージーランドのトイレ

日本とあまり変わらないので違和感なく使えるニュージーランドのトイレ

ニュージーランドのトイレは、ごく普通の洋式で水洗式タイプです。シンプルなつくりで、日本のように温かい便座やウォッシュレットはありませんが、多くのトイレはしっかりと管理されており、清潔に保たれています。

空港、ガソリンスタンド、カフェ、レストラン、ショッピングモールなどにはもちろん、公衆トイレが設置されている公園も多くあります。どんなに小さな町でも大抵は公衆トイレが設置されているので、ニュージーランド旅行中にあまり困ることはありません。ただレンタカーで旅行した場合、田舎道では近くに町が無いということもあるので、長距離移動をするときには事前に行っておいたほうがいいでしょう。ほとんどのトイレが無料です。

公衆トイレ

公衆トイレの近くには通常はっきりとした案内標識があります。小さな町などでも、主要道路沿いにあることが多いです。そうでなくてもすぐに分かるように案内があるので、簡単に見つけることができます。トイレットペーパーが切れていることもあるので、水に流せる紙を持っておくと安心です。

トイレが空いているかどうかチェック

緑なら空き、赤なら使用中

緑なら空き、赤なら使用中

トイレのドアを見れば、使用中か開いているのか分かります。色分けがされており、鍵がかかっているときは赤、開いている時は緑や青。色分けではなく、使用中であれば「Engaged」、空いていれば「vacant」と表示されていることもあります。

ユニセックス(男女共用)

ほとんどの公共トイレは男女別に分かれており、男性(Male/Gentle)、女性(Female/Ladies)と書かれていたり絵で一目で分かるようになっていますが、カフェやレストランではユニセックス(男女共用)のトイレになっていることもあります。ユニセックスの場合は全て個室となっており、特に使用に問題はないので遠慮せずに入ってしまって大丈夫ですよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。