アクティビティーで大自然を体感できるニュージーランド

ニュージーランドは大きく分けて北島北部、北島中南部、南島北部、南島中央部のエリアがある

ニュージーランドは大きく分けて北島北部、北島中南部、南島北部、南島中央部、南島南部のエリアがある

「ニュージーランドがオーストラリアの隣にある」ということは知っていても、いくつの島に分かれていて、どんな町やエリアがあるのか知らない人が殆どではないでしょうか。

ニュージーランドはオーストラリアの東に位置する、面積が日本の4分の3程度の島国。まるで日本の北海道と本州のような形をした北島と南島に分かれていて、 2つの島では気候も異なります。近年ではハリウッド映画のロケ地としても注目を集めており、映画「ロード・オブ・ザ・リング」などの撮影も行われました。

■北島
ニュージーランド一の大都市オークランドや首都ウェリントンのある北島。総人口の約7割が北島に住み、国の政治と経済が集中しています。ヨットやカヤック、 サーフィンなどのマリンスポーツも盛ん。南半球にあるニュージーランドは南島に比べ北島の方が年間を通し暖かく、冬でも温暖で過ごしやすい気候です。

■南島
大自然を満喫したいなら南島へ。ニュージーランド最高峰のマウントクックやフィヨルド地形のミルフォードサウンドなど、南島には手つかずの大自然が残ります。壮大な自然の中で楽しめるトレッキングやスキーなどのアクティビティが人気。南島の気候は、西海岸では年間を通して雨が多い一方で、東海岸では晴天が多いと東と西でも異なります。

海に囲まれた北島の玄関口、北島北部

海に面した

二つの湾に面しているオークランド。周辺には美しい島が40以上ある。世界中から移り住んでくる人も多く約140万人が生活している。©Edward Swift

北島北部はその大部分が海に面しており、美しい島も点在しています。ニュージーランド最大の都市オークランドは、日本からの直行便が就航する空の玄関口。オークランドから日帰りで訪れることの出来るロトルアは、温泉や先住民族マオリの文化を体験できる貴重な場所として国内外の観光客に人気です。

■オークランド
フェリーに乗ると海からオークランドの市街地を眺めることができる

フェリーに乗ると海からオークランドの市街地を眺めることができる©ニュージーランド政府観光局

オークランドは、東西を海に挟まれた港町。湾内には多くのヨットが浮かび、その風景からCity of Sails(帆の街)とも呼ばれています。お洒落なレストランで食事をしたり、海の見えるカフェでゆったり休憩なんてことができるのも海辺の都市ならでは。この町で味わえるグルメとしてはクレイフィッシュ(ニュージーランド産伊勢えび)やオイスター、フィッシュ&チップスなどの海の幸がおすすめ。オークランドのシンボル、スカイタワー(高さ328m)からは町や周辺の島々を一望できます。

オークランドハーバーからフェリーで30分程で、青い海に白い砂浜が続くワイヘキ島や、頂上の展望台からオークランド市街を見渡せるランギトト島といった周辺の島々へ気軽にアクセスできるのも魅力。

オークランドのエリア情報はこちら>>>オークランドと近郊の島

■ロトルア
オークランドの南西に位置するロトルアは、先住民マオリの文化が色濃く残る町。今でも人口の3分の1をマオリ系先住民が占めています。ロトルアでは料理やダンス、音楽などマオリの伝統文化を体験することができます。

天然温泉がわき出ているロトルアはニュージーランド屈指の大温泉街という一面もあります。ロトルア湖の眺めが美しい天然温泉「ポリネシアン・スパ」や、きらびやかなアールデコ調の建物に温泉博物館が併設された「ブルー・バス」など多数の温泉施設が点在しており、観光客だけでなく地元の人でも賑わいを見せます。