首都も含め見どころが点在! 北島中南部

ニュージーランドの首都・ウエリントンは海と丘陵地帯に挟まれた場所に位置する。芸術と文化の都としても知られている。

ニュージーランドの首都・ウエリントン。海と丘陵地帯に挟まれた場所に位置している。

北島中南部は首都ウェリントンを含むエリア。パッケージツアーにはあまり組み込まれていないものの地元の人の観光には人気が高いエリアです。ウェリントンの北部には世界遺産のトンガリロ国立公園があり、様々なトレッキングコースを楽しめますよ。

■ウェリントン
北島の南端に位置する首都ウェリントンは、丘陵に囲まれた地形に、クック海峡から吹き付ける風が強いことから「風のウェリントン」と呼ばれています。ニュージーランドの文化と芸術の中心でもあり、ニュージーランド交響楽団やロイヤルニュージーランドバレエ団の拠点もあります。入場無料の国立博物館テ・パパではニュージーラ ンドの自然や文化だけでなく、近代美術も充実。レトロな車体のケーブルカーで小高い丘にあるケルバーン駅に登ると町と海が一望できます。

■トンガリロ国立公園
北島中央部に位置するトンガリロ国立公園はニュージーランド最古の国立公園。活火山があることや先住民の聖地でもあることから文化的価値が認められ、世界遺産にも登録されています。なかでも、マウント・ルアペフ(標高2797m)を含む3つの活火山は、今でも9年に1度は噴火し続けているとか。夏は トレッキング、冬はスキーやスノーボードを目的に年間100万人もの観光客が訪れる人気スポット。