ニュージーランドのホリデーパーク事情

ホリデーパークは家族連れに人気のキャンプ場

ホリデーパークは家族連れに人気のキャンプ場

宿泊費を安く済ませたい旅行者、アウトドア派に人気なのが、ホリデーパークと呼ばれるキャンプ場です。キャンプ場とは言っても日本のものとは異なり、宿泊スタイルも多様で、設備がとても充実。ビーチや湖、川の周辺にあることが多く、また、家族連れが多いからか、和気あいあいとした雰囲気の宿泊施設です。

テント用の宿泊スペース

テント用の宿泊スペース

宿泊タイプとしては、テント用の芝生の宿泊スペース(Non-power site)や、キャンピングカー用の電源設備や排水設備を持つパワーサイト(Power-site)と呼ばれるスペースの他に、ベッド付きの個室やモーテルタイプの部屋、バックパッカーズも併設されており、自分の旅行タイプに合わせて宿泊施設を選べるようになっています。テントやキャンピングカーでの宿泊でも、自分専用のスペースが決まっています。

自炊ができるように電気コンロ、オーブン、電子レンジ、ポット、冷蔵庫などの整った共同キッチンがあり、調理器具や食器のレンタルまでできるところも! その他、シャワー、ランドリーなどが共同施設として利用できます。朝のシャワーは混みあうので、時間をずらして浴びるといいかもしれません。また、テレビやソファー付きのゆったりとした快適なラウンジなども備わっているホリデーパークもあり、旅行者達の情報交換の場にもなっているんですよ。料金はNon-power siteで一人一泊15ニュージーランドドル(約1050円)から。

日本のガイドブックに載っているホリデーパーク以外は、各地のインフォメーションセンターで手に入るホリデーパーク情報ガイドやホームページから検索して探します。これらのサイトでお気に入りのホリデーパークを見つけたら、そこにある問い合わせ先に連絡して予約する形になります。

ホリデーパーク検索サイト>>>Kiwi Holiday Parks
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。