見た目年齢は口元周りがポイント

見た目年齢を下げるには、口元ケアがポイント!

見た目年齢を下げるには、口元ケアがポイント!

皆さんは、マスクを着けた時の見た目年齢と、マスクを外したときの見た目年齢に開きはありませんか?

ちょっと唐突な質問でしたが、口元を隠したときと見せたときで、見た目年齢が離れて見えるのは口元が老化してきているサインです。

とあるビジネス情報サイトでのアンケート結果では、相手の顔のパーツで気になる部分の第一位に「口元・歯」がランクインしていました。口元周りの印象を変えるだけで、見た目年齢や顔全体の印象は大きく変わります。特に口元周りはシワやたるみなど、年齢を感じるサインが出やすいパーツでもあります。きちんとケアを行うことで、見た目年齢をぐっと上げることが出来ますよ。

 

舌にも正しい置き位置がある

普段、舌は口の中でどの位置にありますか? あまり意識しないポイントかもしれませんが、通常舌を置くべき、正しい位置があるのです。本来正しい舌の位置は、上の前歯に付かない程度に上あごにくっついている状態です。下あごに触れる位下がっていたり、前歯を押してしまうクセがあったり……と、無意識になっている方もいるのではないでしょうか。

舌が下がっているとあごのゆがみやたるみにつながります。また、舌が本来の位置にあると自然と鼻呼吸になるので、口が半開きで口呼吸になってしまうこともありません。自分の舌の位置、一度チェックしてみて下さいね。

次のページでは、美容歯科女医のDr.さとこが教える舌エクササイズをご紹介します。