口臭には様々な原因が存在します。今までのコラムで申してきたように、舌苔の細菌や歯の隙間に溜まった食べカス……他にもお口の渇き過ぎなど。それぞれの対処法については≪あなたが気付いていない口臭の原因≫に詳しく載っていますので、どうぞご覧くださいね。

今回は虫歯治療の詰め物による口臭に焦点を当てて、お話していきたいと思います。詰め物による口臭は、意外と知られていません。詰め物をしている、昔にしたような気がする……という方は是非お読みくださいませ。

1.虫歯治療のその下に……

詰め物の内側で細菌が繁殖

詰め物の内側で細菌が繁殖

みなさんは虫歯になった歯をどうされていますか?何年か前にテレビで芸人さんが「腐るまで放っておく」なんてことをおっしゃっていましたが、ほとんどの人は歯科医院へ行き治療をされることでしょう。

本当に小さな虫歯以外は、虫歯の部分を削りプラスチックか金属、セラミック製のもので歯の形のように埋めたり被せたりします。虫歯の進行具合によっては神経を抜くこともありますね。きっちりと治療をした歯は、もう完治したような気がしてしまいます。もし、その後口臭があったとしても、それは他に原因があると思ってしまわないでしょうか。しかし、詰め物の内側で細菌が繁殖し、虫歯が進行していることはよくあります。

虫歯の中で細菌が繁殖すると、詰め物の中という狭い空間で細菌が発酵してとてつもない悪臭を放つのです。その繁殖は詰め物の中で行われているので、いくら歯をキレイに磨き、舌の汚れを取り、デンタルフロスを通し隙間のプラークを取り、体調管理に気を付けていても……口臭は発生してしまうのです。心当たりのある方は、是非お近くの歯科医院で検診を受けてみてください。

2.詰め物が噛み合わせに合っていない場合

本来、詰め物や被せ物を作成する場合、患者さまの噛み合わせに合うように作ります。しかし、詰め物などが患者さまの噛み合わせに合っていないと、歯と詰め物の間に隙間が生じ、そこに食べカスが詰まるようになってきます。また、プラークもたまりやすくなることで歯石の発生や歯周病、口臭の原因になるのです。

そういった小さな隙間は歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシでもなかなか取り除くことはできません。そして、その部分がまた虫歯になることがよくあります。詰め物があっていないなと感じたら、すぐに歯科医院に相談してみてくださいね。

3.詰め物が取れた!放っておくと虫歯の進行や口臭の原因に。

歯ブラシを小刻みに動かして

歯ブラシを小刻みに動かして

キャラメルやガムを噛んでいたりすると、虫歯治療後の詰め物が取れてしまったことが無いでしょうか。多くの方はすぐに歯科医院へ足を運ばれると思いますが、あまりにお忙しい方などはそのまま放置してしまう場合があると聞きます。

詰め物が取れたら、なるべく早く治療するのがベストですが、特に気を付けて頂きたいのが途中まで詰め物がとれてしまった場合。詰め物が半分くらい取れてしまっても、舌や指で押し込んで何年も放っておかれる方もいるとか。虫歯の菌は、空気が嫌いな嫌気性菌というもの。詰め物が中途半端に取れてしまっていると、詰め物と歯茎の間との酸素が触れない部分で、虫歯がどんどん悪化してしまうのです。

また、詰め物が取れている部分から、細菌や酸が入り込み生きている神経まで傷つけることも。もちろん、口臭の原因になります。詰め物が取れてしまった時も、詰め物が中途半端に取れた時も歯科医院でのチェックが必要になりますよ。

4.詰めたところは虫歯になりやすい?

酸や菌がすき間に入る前にケア

酸や菌がすき間に入る前にケア

一度虫歯を治したところが、再び虫歯になることを「二次齲蝕」と言います。こんな言葉があるくらい、詰め物と歯の境目は虫歯になりやすいのです。その理由は二つあります。一つ目は詰め物の繋ぎ目に、ほんのわずかなすき間ができてしまうこと。人の手で治療をしていくので、目には見えないすき間ができてしまうのです。また、虫歯菌の大きさは0.001ミリという小ささ。すき間に入り込むのは容易なことなのです。

二つ目の理由は、虫歯を削ったところに詰めるコンポジットレジンにあります。これは固まる時に少し収縮するため、接着が完全でないと歯との間にすき間ができてしまうのです。すき間には酸や菌がすぐに入り込み、虫歯にしてしまいます。虫歯を引き起こすと、口臭が起こりやすくなります。毎日の歯磨きの際、虫歯治療をしたところは特に念入りに磨くことをおすすめしますよ。

以上が虫歯治療の詰め物と口臭の関係です。詰め物と口臭が密接に関係していることがお分かり頂けたと思います。口臭や虫歯の再発防止のために、とにかく大事なのは、お口の中を清潔に保つこと。毎日のケアがきっちりとできていれば、詰め物の部分が炎症を起こしたり、虫歯が再発したりすることを防ぐことができます。歯ブラシはもちろん、デンタルフロスなどをして口内を清潔に保ちましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。