なぜ歯は黄ばむのか?

歯は少しずつ黄ばんでしまう・・・

歯は少しずつ黄ばんでしまう・・・

歯の色は年齢を重ねると共に、また生活習慣の積み重ねによって少しずつ黄ばんでしまいます。特に日本人の歯は一般的に少し黄色みがかった色をしていて、真っ白な服やストールなどを顔周りに持ってくると「黄ばんでいる」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

加えて、日々のコーヒーの摂取や喫煙などでも、歯は少しずつ黄ばんでしまいます。目に見えない汚れが付着したり、エナメル質の中で着色物質が形成されたり、加齢によってエナメル質が薄くなってしまったり……歯みがきでは落とせない、様々な要因で歯は黄ばんでいってしまいます。そんな歯の黄ばみをしっかりと落とすには、今や定番となった審美歯科治療の「ホワイトニング治療」をオススメします。本日は、より効果のあるホワイトニング治療についてご紹介します。

クリニックで行う「きちんとした」ホワイトニング

最近は1回だけで終わるホワイトニング治療や、ワンコインでできるより手軽なホワイトニングが注目されていますが、きちんと歯を白くしたい場合には、きちんとしたコースでのホワイトニング治療をオススメします。

例えば、1回ホワトニング治療を行っても、歯自身が元の色に戻ろうとする働きを起こすため、またすぐに白さが失われてしまう「後戻り」が起こります。またホワイトニング効果のある薬剤をいきなり塗布するより、目に見えない汚れをきちんと落としてから塗布する方が、数倍ホワイトニングの効果が上がります。一見、手間と費用は掛かりますが、きちんと歯を白くするためのホワイトニング治療を受けたい場合には、「きちんとした」手順を踏んだ施術を受ける事をオススメします。それでは、具体的な治療を見ていきましょう。
細かなステップが、よりホワイトニングの効果を高めます

細かなステップが、よりホワイトニングの効果を高めます


1.まずは歯の汚れを落とす
歯の表面には、目に見える汚れの他にも、目に見えない汚れがたくさん付着しています。これらは一般的な歯みがきでは落ちにくく、エアフローという空気と水を高圧で噴射させる機械を使って汚れを落とします。これだけで、「歯がツルツルになった!」と感動(笑)される方も多いですよ。

2.歯ぐきをしっかりガード
ホワイトニング効果のある薬剤は刺激が強いものになります。薬剤から歯ぐきを守るため、歯と歯ぐきの間に、歯ぐきをガードする薬をきちんと塗ります。こうすることで歯ぐきを守りつつ、歯の中でもっとも色が濃くなりやすい歯の根元まで、しっかりホワイトニング用の薬剤を塗布することができます。

次のページから、いよいよ施術がスタートします。