「口臭」は何故起こる?

口臭を起こしてしまう、日常の生活とは!?

口臭を起こしてしまう、日常の生活とは!?

近年、スメルハラスメントなどという言葉も聞かれるようになり、口臭や臭いへのエチケットが話題となっています。口臭の主な原因は、舌の汚れや、歯と歯ぐきの間につまったプラークと呼ばれる汚れによるものがほとんどです。

加えて、においのキツいものを食べ過ぎたり、ストレスが溜まったり……と、日頃の生活の中にも口臭を引き起こしてしまう「悪習慣」がひそんでいます。そうした口臭の元をよりため込んでしまうような、何気ない「悪習慣」を男女別にチェックしていきましょう。

口臭に関しての基礎知識は、前回記事「あなたの口臭は歯の治療跡や虫歯が原因!?」にて詳しく説明しているので、併せてチェックしてみてください。
 

まずは男性から!

男性が気にされるにおいのダントツ1位は「加齢臭」ではないでしょうか。いわゆる年配の男性から発せられるにおいを総称したものですが、最近では20代、30代の若い方にもいわゆる「加齢臭」が現れているようです。加齢臭は、身体全体からにおいを発するものですが、特に口臭は強く感じます。近くで話をしている時など、相手のにおいが気になってしまう方もいるのではないでしょうか。

これからは、年を取って突然においがキツくなる訳ではなく、長年の生活習慣によって引き起こされてしまいます。特に原因となりがちなものは、
  • 喫煙
  • 毎日のコーヒー
  • アルコール
  • ストレス
  • 脂を多く含む食事
が挙げられます。

例えば接待での脂の多い食事やアルコール、毎晩の飲酒や喫煙は、身体や口から発するにおいをキツくしてしまう原因です。ストレスも過剰にかかると胃酸が大量に分泌され、酸っぱいにおいの口臭になってしまったり、疲労物質が溜まり過ぎることで身体のにおいがキツくなることがあります。

次のページでは、女性ならではのチェックポイントをご紹介します。