そもそも「口臭」って?

口臭を気にする方が増えています

口臭を気にする方が増えています

近年、臭いによるハラスメント(相手に不快感を与える状態)”スメルハラスメント”という言葉が聞かれるようになり、自分や他人の口臭や体臭などの”臭い”に敏感な話題が増えています。
特に口臭は気にする方が多い一方で、口は鼻に近い位置にあることから自分の臭いに慣れてしまって自覚症状の無い方も多く見られます。口臭の定義や起こるメカニズム、口臭を予防するケア方法などを詳しくご紹介していきます。

口臭の主な原因

口臭はどんな時に起こりやすいのでしょうか?一般的に口臭は、大きく3つに分けられます。
  • 生理的口臭:本来の口のにおい。朝起きたときや緊張している時のにおいも含みます。
  • 外因的口臭:食事による口のにおい。ニンニク・ニラ・コーヒー・アルコール摂取時などが一般的です。
  • 病理的口臭:歯周病や虫歯による口のにおい。全身疾患による口臭も含まれます。
(最近ではこの他に「心因的口臭」という、口臭は無いのに本人だけが口臭があると思い込み、神経質になってしまうというケースもあります。)

このように様々な要因から口臭が生まれますが、慢性的な口臭を引き起こす原因の9割は病理的口臭だと言われています。特に虫歯や歯周病、以前治療をした部分のケアを怠ったために二次カリエス(治療跡の中で虫歯を起こしてしまう状態)となり口臭を引き起こしているケースが多く見られます。虫歯や歯周病などから口臭が起きるメカニズムをご説明します。

次のページでは口臭の9割を占める原因とケア方法をご紹介します。