女医が教える舌エクササイズ

舌エクササイズには様々な種類がありますが、簡単で効果的なものをいくつかご紹介します。

■口の中で舌を回す
口を閉じた状態で、舌を上唇と歯の間→ほほの内側→下唇と歯の間→ほほの内側の順で、右回り・左回りに舌を回します。最初は左右10回ずつから始め、慣れてきたら30~50回までチャレンジしてみましょう。ほほの筋肉もしっかり動かすことが出来るので、小顔効果も期待出来ます。

■上を向いて舌を思いっきり出す
顔を上に向け、舌を天井に向かって伸ばします。首の筋肉までが伸ばされる感覚のまま、5秒ほどキープします。短い時間でも口周り~首回りの筋肉を刺激することが出来るので、トイレに行った時など、短い時間でもエクササイズが出来ます。

■舌を少し出して動かす
口をすぼめるようにして少し空け、舌を出します。その状態で舌を左右に動かしたり、円を描くように回します。口をすぼめて舌を動かすことで、口元周り全体の筋肉に刺激を与えることが出来、とても効果的なエクササイズです。

舌を動かすことで口元周りの筋肉が引き締まり、唾液の分泌も促進されます。唾液は口の中を清潔に保ってくれる働きがあり、きちんと分泌させることで口臭予防にもなります。舌エクササイズは様々な方法がありますので、すき間時間などに是非行ってみて下さい。

更に見た目年齢を下げるなら、口元を明るく

口元を明るくして、一歩先ゆく美人へ!

口元を明るくして、一歩先ゆく美人へ!

舌エクササイズなどをしっかり行うと、口元の筋肉が引き締まり、見た目年齢がぐっと下がります。笑った時に口角も上がるようになり、とても魅力的な笑顔を作ることが出来ます。

更に見た目年齢を下げたい場合、歯を白く明るくするケアがオススメです。クリニックで行うホワイトニングがもっとも効果的ですが、ホワイトニングに抵抗のある方はクリーニングでもOKです。歯表面の、見えない汚れまでを落としてくれるクリーニングは、歯本来の白さと明るさを簡単に取り戻すことが出来るのでオススメ。歯を削ることはありませんので、痛みが出ることもありません。

ホワイトニングやクリーニングを始め、クリニックで歯を白く明るくさせる治療法を詳しく知りたい方は、過去記事「なぜ歯は黄ばむ?審美歯科医が教える歯を白くする方法」をご覧下さい。

口元ケアで一歩先行く美人に!

お肌や髪だけでなく、口元や歯にもしっかり行いたいエイジングケア。見落とされがちなパーツですが、きちんと行うと効果もテキメンです。普段のケアに口元ケアをプラスすることで、一歩先を行く美を手に入れましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。