爪の磨き方……バッフィングでネイルの持ちや仕上がりアップ!

バッフィングの方法・やり方

バッフィング方法をマスターしてセルフネイルをワンランクアップ

「バッフィング」とは、爪に自然な輝きを与えるために表面を磨くこと。キューティクルケアを行った後は、爪表面をネイルバッファーで磨いてなめらかにし、自然なツヤをプラスしましょう!
 

爪の磨き方・バッフィングのやり方

ネイルバッファーはグリッド数が分かれているので、用途によって使い分けましょう。グリッドの単位は砂粒の数で表されおり、数字が小さければ目が粗く、数字が大きいほど目が細かくなります。
 
 

 

1. 220グリッドのバッファーを使用。爪の丸みに合わせて、表面全体をバッフィングします。力を入れすぎないように注意しながら、表面の凹凸をなめらかにしていきます。

この際、ネイルオイルを爪に塗ってからバッフィングをすると、オイルが浸透し爪に自然なツヤが生まれます。
 
 

 

2. 次にシャイナーを爪に密着させるようにして磨きあげます。

バッファーとシャイナーが一緒になっている3WAY バッファーを使うと便利です。
 
 

 

3. さらに自然なツヤを出したい場合は、鹿皮バッファーを使用します。
 
研磨剤

 

4. 研磨剤をつけて磨くと、さらに光沢感がアップします。
 
 

 

5. 最後に、ネイルオイルを爪全体になじませて終了。ネイルカラーを塗らなくても、自然な輝きが出て、キレイな爪に仕上がります。

 
次のステップは「ハンドマッサージの方法は?効果的なやり方と手のツボ」で紹介しています。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。