リバーシブルコースターを縫おう


器や気分に合わせて裏表どちらも楽しめます

器や気分に合わせて裏表どちらも楽しめます


小さな端切れでさっと縫えるコースター。たくさん作っておくと気分で選べて楽しいのですが、それほど枚数がなくてもリバーシブルなら便利です。グラスにもマグカップにも使いやすい、少し大きめの12cm角コースターを作ってみましょう。基本の縫い方をご紹介します。

リバーシブルコースターの材料

材料

材料

材料はこれだけです。

・14cm角の正方形にカットした布 2種類

 
型紙を作っておくと便利

型紙を作っておくと便利

※たくさん枚数をカットするときは、厚紙で型紙を作っておくと便利です。今回は12cm角のコースターを作りたいので、縫い代を含めて14cmの正方形の型紙です。

 

リバーシブルコースターの縫い方手順

返し口を残して縫う

返し口を残して縫う


1.布を中表に合わせて、端から1cmの位置で周りを縫います。ミシンでも手縫いでもOK。赤い丸の位置に返し口を作るため、その部分は縫わずに残しておいてください。

 
角をカット

角をカット

2.縫い終わったら、ひっくり返したときに角がきれいに出るように、角をはさみでカットします。縫い糸を切ってしまわないように気をつけてください。

 
ひっくり返してステッチ

ひっくり返してステッチ

3.ひっくり返して形を整えアイロンをかけます。その後で縁にステッチをかけます。端から5mmの位置で縫うと、縫い残してあった返し口も一緒に閉じることができます。 最後にもう一度アイロンで整えたらできあがり!

 

リバーシブルコースターのアレンジアイデア

ステッチの色を変えて

ステッチの色を変えて


シンプルな縫い方で簡単にできるコースターの作り方を覚えたら、いろいろアレンジしてみましょう。
画像手前のコースターはステッチの色を赤い糸に変えて縫っています。これだけでちょっと和風になりますね。他にもこんなアレンジアイデアはいかがでしょうか?
  • ステッチをミシンの模様縫いでする
  • カラフルな刺繍糸で手縫いのステッチを入れる
  • 返し口を閉じるときにレースやタグを挟み込んで縫う
  • パッチワークした布を使う
  • 四つ角にビーズをつける
  • 布の柄の一部を布用ペンで色付けする
  • 布の柄の一部を刺繍でなぞる
  • 布用インクを使ってスタンプを押す etc.


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。