全体敷地配置と各棟へのアプローチ

記者発表会の様子

記者発表会の様子

敷地面積4,194.57平米。地形(じがた)は、南北を長辺とする、南方向に向かってやや窄まった長方形である。JR京浜東北線と並行して走っている都電荒川線と敷地西側で隣接。それ以外は三方道路である。長手約100メートル、もう一方は30~50メートル。配棟は50メートル間口(駅改札口に近いほう)にタワー棟、南寄りにレジデンス棟を置いた。

駅改札口から敷地まではわずか約20m。そのもっとも近い場所には店舗(保育所)を設置する予定。タワー棟へは、逆側に、つまり建物を回り込むようにして入館させる。メインエントランス付近には水盤(「ウォーターガーデン」)、ロビー、ホールを集めた。レジデンス棟へは、タワー棟の外を回り込む、遊歩道経由のアプローチとなる。

「王子飛鳥山ザ・ファースト タワー&レジデンス」タワー棟

モデルルーム

モデルルーム

タワー棟は地上29階建て総戸数230戸。2016年1月竣工予定である。制振構造を採用。内廊下設計の順梁工法だ。階高は3.22m、天井高はほとんどが最高2.7mを有している。一方、廊下などは2.1m、開口部のハイサッシも2.1m。天井との差(60cm)を思いのほか実感する。

一般的なラーメン構造により、柱は規則正しく約6mピッチで配置されている。購入検討時、間取り選びの段にはそれらの位置を確認したい。南東と南西の両角を雁行させることにより、角比率を高めた。通風・採光の改善により、内廊下のデメリットを低減させたと捉えられる。

また、バルコニーはガラス手すりを用い、リビングダイニングには(一部)足元からの梁下までの「ダイレクトワイドウィンドウ」を設えた。明るく、眺望を享受する快適なタワーライフが期待できそうだ。専有面積は60~70平米台が中心である。最高は80平米台。

レジデンス棟

完成予想パース

完成予想パース

レジデンス棟は地上7階建て、総戸数55戸。2014年11月竣工予定である。南東と南西にメイン開口を設けたT字形の建物だ。第1期はタワー棟のみのため、図面集が配布されなかったが、平面図を見る限りすべて約6m程度のスパンに全面バルコニー、開放廊下型のラーメン構造である。

棟を分けずに、より高く大きなランドマーク性のある計画にする選択肢はなかったのか、と記者発表会で問うてみた。「事業効率やスケジュールの観点から最適な方法を選んだ」(近鉄不動産株式会社 常務取締役 首都圏事業本部長 田中孝昭氏)とのこと。また「バリエーションの豊富なマンションにもなる」(同)狙いもあったようだ。

2013年12月に公式サイトを公開して以来、反響総数は約2,200件。目標の1,500件を大きくクリアしたそうだ。販売予定価格はタワー棟の3LDKで5,000万円台~6,000万円台予定。販売員曰く、「坪単価で@300万円には届かないだろう」。5月3日からモデルルームを公開。第1期販売は6月下旬を予定している。

【関連記事】
飛鳥山公園を望む新築分譲マンション、立地解説
<プロが厳選>2014年の注目マンション


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。