バランスボールエクササイズその2
くびれウエストエクササイズ

バランスボールの上で安定して座ることができるようになったら、次に、バランスボールの上で上半身を動かしてみましょう。体をねじりウエストのくびれを作るエクササイズを御紹介します。フロア、椅子でのエクササイズよりも負荷がかかり筋肉が使われます。

バランスボール

腕は真っ直ぐに

1、脚を腰幅に開き、バランスボールに座ります。この時、つま先と膝が同一方向になっている事を意識します。

息を吸って吐きながら、両手を体の前に伸ばします。このまま、10秒キープします。視線は真っ直ぐ前に、伸ばした手は床と平行になるようにキープします。

 
バランスボール

視線は指先方向へ

2、息を吸って吐きながらゆっくりと左手を体の真横に移動します。この時、視線は動かしたの腕の真っ直ぐ先に。呼吸を止めずにこのまま10秒キープ。

体をねじると、前に出した腕が下がりがちになりますが、真っ直ぐなポジションをキープ。動かした腕も、真っ直ぐにキープし、床と平行になっているように意識します。

 
バランスボール

腕は床と平行に

3、更に、腕を伸ばしたまま、体を後ろにねじります。腕を真後ろにして10秒キープ。視線は真っ直ぐ真後ろに。呼吸を止めずにゆっくりと大きく行います。背筋を伸ばして背骨からウエストをひねるイメージで腹筋を縮めます。

1~3同様に反対側も行います。3セット行います。

 

次のページでは、体幹部を鍛えるバランスボールエクササイズを御紹介します。