1カ月の簡単プログラム

以上を踏まえて、自分の運動プログラムをプランニングしてみましょう。

1.自分のライフサイクルを書き出して、何曜日の何時頃に何分間の運動ができるのか?を把握する。

2.ダイエット休養日を作る。

3.1週間ごとにプランニングし、運動強度を徐々に上げていく。


プランニング例を挙げてみます。(実際は有酸素運動プログラムと同時にストレッチプログラムや簡単な無酸素運動トレーニング等が入ります。また体質、スタート時の体重、健康状態、設定目標等によりプログラム内容は個々で異なります。こちらは有酸素運動に関しての運動プログラムの一例です。)

1週目:毎日8500歩(厚生労働省推奨の、女性が1日に歩きたい歩行数)歩く。クリアできなかった日はその分多く他の日に歩く。

2週目:ウォーキング15分間(1週間で3回)

3週目:ウォーキング4分間+ジョギング1分間の5分間を4セット繰り返す(1週間で3回)

4週目:ウォーキング3分間+ジョギング2分間の5分間を4セット繰り返す(1週間で3回)

このようにして徐々に強度を上げていくと、体がその強度に少しずつ慣れてくるので運動に対する辛いイメージを取ることができ、その結果運動を長期間続けられるようになります。

一見、目標達成までに長い時間を要するように感じられるかもしれませんが、実際に上記のような方法で3カ月間のプランニングをされた方は平均で4.5kgの減量に成功しています。ダイエットのその成功要因は、「運動を続けられたこと」にあったと言えるでしょう。

運動を継続するコツは、とにかく運動をすることを楽しいと思えることです。スポーツサークルに入ったり、好きな仲間と一緒にランニングをしたり、週末にトレッキングに出かけたり、スポーツを楽しむことも運動を続けられるコツになります。これを機に、新しいスポーツにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
運動法・食事法にみる痩せる人・痩せない人の別れ道


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。