今年の「エコ」は、「水面緑化」!

メカルドニアの屋上緑化

サカタのタネの屋上緑化資材

地球温暖化によりこれまでに様々なエコ商品が開発されてきましたが、それとともに環境緑化として屋上や壁面を緑で覆う資材も世の中に浸透してきた感があります。右の画像もそんな屋上緑化資材の一つ、サカタのタネのブースから「エコカーペット」という商品にメカルドニアを植えた例になります。
さらに今度は、水面までも緑化してしまおうというアイディアが登場です! 右下の画像が、その水面緑化のモデルです。水面に設置されたコンテナには、「サンパチェンス」が植えられています。

 
「サンパチェンス」による水面緑化

サカタのタネ「サンパチェンス」による水面緑化

植物を管理する上で気がかりになるのは水やりですが、水面緑化では底面給水ができます。 はじめのうちはコンテナに仕込まれた布が水を吸って給水をサポートしますが、やがて根が成長すると自ら水を吸い上げるので潅水の手間もかかりません。

サンパチェンスは、過去記事「なるかトレンド?!2008ガーデニング注目商品」でご紹介したように、浄化能力の高い植物。実はこのコンテナ、緑化フェア「TOKYO GREEN 2012」で上野公園会場の「花の噴水」にも設置されていたのですが、排水路を使った実地実験などで、水中の余分な窒素やリンも除去するということがすでに実証されているとのこと。これまで以上に期待される植物ですね。

 

新しいマルチ資材

敷きイ草

新しいマルチ資材「敷きイ草」

ガーデニンググッズコーナー、おもしろガーデニンググッズ発明展では、いろいろとアイディアを駆使した園芸グッズが並んでいましたが、ガイドが注目したのは横浜植木株式会社の新しいマルチ資材「敷きイ草」です。
乾燥防止や植物への泥はね防止など、様々な役割を果たすマルチング。その資材としてはワラや腐葉土、不織布にビニールなどありますが、こちらは畳表をリサイクルしています。風に飛ばされないのか聞いたところ、「敷きイ草」でマルチしたあと一度潅水することで落ち着くそうです。やがて土と馴染んで、最後には土に還るというエコなところもいいですね。

 
この他にも、植え替えをサポートする三陽プレシジョンの「ぬき楽」や、千葉県の鈴木良通さん提案の箕・フルイ・チリトリの三点が一つに収納された「箕篩(みぶるい)」といった実用品も目を引きました。
「ぬき楽」と「箕篩」

植え替えサポートの「ぬき楽」とお掃除3点セット「箕篩(みぶるい)」


次ページは、ガーデニングや園芸をお子さんと一緒に楽しめる商品のご紹介です!