~~ 不在時の水遣り ~~


お盆や正月の帰省、そして長期旅行という時、気がかりなのはやはり「水遣り」ですよね。
庭植えの場合は数日水やりができなくとも大きなダメージはありませんが、鉢植えは水枯れで枯死してしまう危険があります。

そこで、不在時の鉢植えを乾燥と水枯れから守る方法を考えてみましょう。

1.鉢を一箇所にまとめて遮光ネットをかける
「夏の庭に涼を呼ぶ!」でもご紹介しましたが、ベランダなどの温度上昇を防ぐ方法の一つです。

2.マルチを施す
鉢土の表面を湿らせた水苔やピートモス、腐葉土などで覆い、乾燥を防ぎます。

3.二重鉢にする
小さな鉢ほど、乾きやすいものです。植物が植わっている鉢を赤玉土や水苔を入れた一回り大きな鉢に入れて、たっぷり水遣りをしておくことで乾燥から守ります。
特に素焼きの鉢は乾燥しやすいので、プラ鉢に入れ込むと良いでしょう。

4.底面給水法を利用する
底面給水とは、水を張った容器に鉢を入れ、底面から給水させる方法です。
1ページ目の「クラスト」を防ぐのにも有効な潅水方法です。
※左図参照

5.毛細管現象を利用する
水を入れた容器から鉢に細いチューブや布を渡して、毛細管現象により給水させる方法です。
元手のわりには、なかなか優秀な給水システムと言えるでしょう。
※左画像は、バケツに水を張り、布を渡して給水実験中
ペットボトルを利用しても良い


6.潅水装置を利用する
最近はホームセンターなどでも様々な潅水グッズが市販されていますので、それらを利用するのも良いでしょう。
よく見かけるペットボトルを再利用した給水器は安価でお手軽ですが、商品によって水の出方にバラツキがあるようです。
画像はよくあるタイプ、小さな穴から水がしみ出す仕組み
下の画像は、水の出具合を調節できる点滴タイプ


私も試してみましたが、一度目は3時間くらいで水が全部流れてしまいました。 そこで、不織布を中に詰めて再トライ!
今度はまずまずでしたが、点滴タイプの方が調整可能な分だけ使いやすいかも…。どちらにしても、やはり事前のテストは必要なようです。
また、ペットボトルのラベルを剥がしてしまうと置き場所によっては「レンズ効果で火災?!」という危険性も無きにしも非ず…注意したい点です。

一方、長期の旅行などには、水道栓から直接引き込んでタイマー管理できる自動潅水装置が確実ですが、値が張るのが難点ですね。

なお、暑い夏の盛りに1~3の方法だけでは対処しきれませんので、他の方法と組み合わせて大切な植物たちを乾燥と水枯れから守りましょう。

また、確実な潅水装置を…とお考えの方は、生活・園芸用品を取り扱うサイト『HomeTool』に、多種多様な潅水装置がラインナップされていますので、参考にどうぞ。



☆関連リンク☆
ガイド記事──夏の庭に涼を呼ぶ!
HomeTool自動水やりコンピューター





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。