「COREDO室町2」&「COREDO室町3」オープン!

東京・日本橋に賑わいを取り戻す取り組みの一環としてオープンした商業施設「コレド室町2」・「コレド室町3」。そして同日リニューアルオープンの「コレド室町」。このエリアに欲しかった、とっておきの甘味が楽しめる居心地の良い「カフェ」と「甘味処」3店に加え、東京初出店の2つの和菓子店をご紹介します!

「CLASKA Gallery & Shop “DO”」併設のカフェ&キッチン
「DO TABELKA」 (「コレド室町3」2階)

ドータベルカ

「CLASKA Gallery & Shop “DO”」併設のカフェ&キッチン「DO TABELKA」。

ギャラリーカフェ併設のカフェ&キッチン「DO TABELKA(ドー タベルカ)」。目黒に本店のあるライフスタイルショップ「CLASKA Gallery & Shop “DO” (クラスカ ギャラリー & ショップ “ドー”)」による、初の飲食業態です。

ドータベルカ

「DO TABELKA(ドー タベルカ)」。54席 全席禁煙。

「コレド室町3」の2階、「CLASKA Gallery & Shop “DO”」併設の「DO TABELKA」は広々として開放感たっぷり。カウンター席もあり1人でも寛げる雰囲気の中、「毎日食べたい、食べられる」「身体が喜ぶ」をコンセプトとする定食やスイーツが楽しめます。

一汁三菜TABELKA定食

一汁三菜「TABELKA定食」(1,200円(税込))(平日ランチ)

メニューを監修するのは料理家の尾崎史江さん。得意とする「野菜や乾物を中心としながら、しっかりと食べ応えがある料理」は、平日ランチタイムの一汁三菜「TABELKA定食」や、ディナータイムの一汁三菜+小さなデザートからなる「夜のTABELKA定食」1,500円(税込)などで満喫できます。

白丸の白いぜんざい

「白丸の白いぜんざい(お茶・お漬物つき)」(1,000円(税込))※写真は緑茶と春限定の桜茶付

今回試食したカフェメニューの中で印象的だったのは、北海道洞爺湖町産の大納言小豆の「大納言のぜんざい」と、同町産の白金時、白丸の「白丸の白いぜんざい」。
ぜんざい

「大納言のぜんざい」(お茶・お漬物つき)」(1,000円(税込))※写真は緑茶と春限定の桜茶付

ふっくらと豆の形を残して炊き上げられた大納言と白丸は、ほっこりとした豆の食感が楽しめます。また、精製度の高い氷砂糖で炊き上げ、仕上げに和三盆糖でほんのり風味付けをしているだけなので、、豆の風味が真っ直ぐに伝わってきます。さらりと仕上げられた煮汁は澄んでいますが、口に含むと豆の旨みがたっぷり。食べ慣れたトロリと濃厚なものとは一味違う、新しい解釈のぜんざいです。

通常は温かいぜんざいに香ばしい玄米餅をのせていますが、夏場は冷たいものも提供予定。さらに、濃厚な豆腐のぜんざいも試作中とのことで楽しみです。

カスタードプリン

手前は「カスタードプリン」(500円(税込))。奥2皿は「日替わりのケーキ」。

このほかにはカスタードプリン、スフレチーズケーキやショコラケーキなどが日替わりで登場します。

カフェタイムでも軽食の用意があり、ディナータイムも女性1人で安心してご飯を食べられる雰囲気。使い勝手も抜群です。ちなみに定食も甘いものも基本的にはイートインのみ。テイクアウトはできませんのでご注意を。

<店舗情報>
CLASKA Gallery & Shop "DO" 日本橋店 / DO TABELKA
所在地:東京都中央区日本橋室町1-5-5 COREDO室町3 2F
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅 A6番出口・A4番出口
JR総武線快速「新日本橋」駅直結
営業時間:物販 10:00~21:00 / 飲食 11:00~21:00(L.O. 20:30)
※11:00~15:00(ランチタイム)・15:00~17:00(カフェタイム)・17:00~21:00(ディナータイム)
Tel:物販 03-6262-3270 / 飲食 03-6262-3271


次のページは、「鶴屋吉信 東京店」のご紹介!