文山紅茶

文山紅茶

 

東方美人のニュアンスを秘めた、花の香りを持つの台湾紅茶として人気の文山紅茶。月日を重ねるごとに、東方美人に近い味わいになっていくということから、自宅で保存しながらゆっくりと楽しむファンも多いようです。

文山包種、東方美人の製茶において定評のある蘇志成茶師が手がけたこの文山紅茶は、東方美人を作るノウハウを活かし、ウンカの生育しやすい環境を整えることで得られる品質の良い葉を使用して、丁寧に仕上げられています。

独特の風味と、品のある味わいには不思議なひろがりを感じます。台湾茶らしい繊細な香りを持ちながらも、ミルクティーにしても負けないコクと力強さがあります。茶葉を見てみると、品種、発酵具合、形状が均一ではなく、茎の部分も多くみられるのが印象的。それらには理由があります。あえて均一に発酵させないことで花の香りを残したり、ほどよい葉のくずれ具合によってシャープさを引き出し、茎の部分を加えることで味の厚みを表現しています。

文山紅茶の茶殻

 

基本的に単一品種で作られる台湾茶ですが、日本茶はブレンド技術が重視されています。それと同じように、この文山紅茶は、青心烏龍種、金萱種等がブレンドされており、それぞれの品種の長所を明確に捉えることで生まれたバランスの良いコクと香りを楽しめる紅茶に仕上がっています。

新しい方法を確立し、望まれる場所に運ばれていくということは、茶師にとっても消費者にとっても、とても嬉しいことです。中国茶専門店とは違った観点から、おいしい台湾紅茶を見つけてみましょう。ジークレフでは、紅茶以外の台湾茶、中国茶も扱っているので、日常に寄り添う中国茶を探してみると、楽しい出会いがありそうです。