「白」を効果的に取り入れるポイントメイク法

白をメイクアップに簡単に取り入れるには、質感を変化させることにも注目してみてください。クリアや光を表現しますので、マットな質感よりもシルバー系でをツヤ出したり、パールを含ませて光沢感を出したりしてみましょう。

ブルーアンダートーン

画像表示中

ブルーアンダートーン

白色を、ブルーアンダートーンに取り入れる際には、得意とするシルバー系を上瞼の広範囲に使用してしっかりとツヤを出し、白と同様に無彩色である、グレー~ブラックで引き締めてみましょう。

 
画像表示中

ブルーアンダートーン

目元に質感の変化でツヤを出しますので、全体がマットな質感では目元だけが浮きやすいため、リップには透明感を重視したグロスを塗るなど、質感のバランスを取りましょう。目の下などにも、軽くピンクパールを含んだハイライトを入れる事で、顔全体のツヤ感のバランスが取りやすいです。

イエローアンダートーン

画像表示中

イエローアンダートーン

アイボリーのように、明るく肌なじみが良い色は、瞼全体に塗ることで目元に明るく透明感を出すことができます。

また、オフホワイトのパール(ペンシル系推奨)を下瞼の粘膜に塗ることによって、白目も白く、目も大きく見せることができます。

 
画像表示中

イエローアンダートーン

下瞼のオフホワイトをポイントにする場合は、上瞼はベージュ~ブラウン系で肌なじみの良い色でまとめ、チークやリップもベージュ~オレンジ系でまとめると、目元を輝かせながらも上品なメイクアップにまとまります。ハイライトはアイボリーや軽くシャンパンゴールド系の輝きをプラスしてもよいでしょう。

※マスカラを使用していません。

心が必要とする色をメイクアップで取り入れる

それぞれの色の持つ意味(メッセージ)をお伝えしましたが、あなたの心が必要とする色を、どのように日常へ取り入れて活かしていくかが重要です。そこで、女性にとって外見を輝かせる為の1つの手段であるメイクアップに取り入れて、なりたい自分に導いていきましょう。

色は目でみて感じていますが、皮膚からも色を感じている事は科学的な実験で証明されているのです。

今までの記事は、第一次色(三原色)の中から「」「」「」、二次色なの中から「」「」「」、統合色の中から「ピンク」「白」をテーマに解説してきました。

自分では中々気づくことができない心からのメッセージ、気になる色は、あなたの内からのメッセージです。心が必要とする色と似合う色を調和させた「わたし色」を、メイクアップにうまく取り入れて、内面と外面の両面から輝いてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。