悩みの種は高い飲食費
お酒なしで夕飯にノルウェー料理1皿は約3000~4300円

旅行者は外食費の高さに驚くことでしょう。飲食費での節約を希望する場合は、旅行本やWEBの口コミサイトなどを参考に、ある程度候補を事前にいくつかあげておきましょう。

お酒なしでも、レストランでノルウェー料理の夕飯を食べる場合は最低大人1皿250~350ノルウェークローネはすると心構えを。味にこだわらずにスーパーなどでランチや軽食をテイクアウトで買うくらいでしたら100ノルウェークローネ以下で抑えられます。飲食店でのランチは150~200ノルウェークローネを目安に。飲食店でオープンサンドイッチのスモーブローは一切れ約100ノルウェークローネ。またノルウェーのスープやサラダはボリュームがあるので、大人でもお腹一杯になることができてランチにおすすめ、およそ120~150ノルウェークローネ。最近オスロでは小皿料理で提供するおしゃれなタパス形式の飲食店も増えてきており、そこではランチ一皿40~80ノルウェークローネ、ディナーは一皿65~150ノルウェークローネで堪能できます。

「高くておいしい料理も、安くて微妙な料理も、値段はほとんど変わらない」ノルウェー

ノルウェーの旅行業界や飲食店経営者の間でよく聞く言葉が「おいしい料理も、おいしくない料理も、値段がほぼ同じ」ということです。ガイドの経験からいっても、これは事実。節約しようと思って、ファーストフード店やコンビニのソーセージやパンでお腹を満たしたところで、「このクオリティで、この値段!?」と驚くかもしれません。

飲食費で節約をしないほうが、いい旅ができる?

節約しても驚きのお値段ですが、実は節約予算に数十ノルウェークローネを足すと、ワンランク上のカフェでランチ、100ノルウェークローネ以上を足すと、ある程度素敵なレストランでディナーが可能です。アジア料理店は安めではありますが、せっかくの旅行では、素敵なレストランでノルウェー料理を味わいたくはありませんか? 節約しようとして思い出に残らない外食をするよりも、ちょっと奮発して、「おいしかった」と土産話になるような体験をするほうが、物価の高いノルウェーでは賢い旅行者かもしれません。

こちらの記事も参考に「ノルウェー料理」

あまり必要のないチップ

ノルウェーではチップは「気持ち」です。特にカフェなどの小さな飲食店でお茶を1杯飲んだくらいでは払う必要はないでしょう。旅行中にホテルやレストランで特別に助けてもらうなど、「お礼にチップをぜひ払いたい」と思うサービスを受けた時のみに払うとよいのではないでしょうか。払わなかったからといって嫌な顔をされることはまずありません。チップのために硬貨を用意しておく必要はないと思いますが、トイレ使用の際には硬貨が必要です。

ノルウェーは「毎年値上げ」

驚くことに、食料費、交通費、宿泊費などの全てのカテゴリーにおいて、ノルウェーでは毎年物価が上昇します。交通機関のチケット料金から、観光スポットの入場料金、飲食店でのメニュー価格、スーパーで買う商品まで、毎年数十ノルウェークローネ単位で値上げすることが通常化しており、「去年より安い」ということはまずありません。日本で数年前に販売された旅行本を持参して旅行する方は、表示料金は高い確立で値上げされていると覚えておいてください。

※データは2016年7月時点のものです。1ノルウェークローネは2016年7月現在、約13円。おおむね13円前後で推移。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。