ソフトウェアの移行手順

データの移行は、基本的に新しいパソコンにファイルやフォルダをコピーするという形になりますが、ソフトの場合は、新しいパソコンにインストールし直す必要があります。

インストールにあたっては、新しいパソコンのOSが今まで使用していたパソコンのOSと異なる場合、メーカーのWebサイトなどで、新しいOSでも正常に動作するのか、また、新しいOSに対応するアップデートが出ていないかを確認しましょう。

問題がないようであれば、ソフト購入時に付属していたディスクやマニュアル、ライセンスキーを用意し、移行作業に移ります。

WordやExcelといったOffice製品であれば、移行手順は次の3ステップになります。

  1. 今まで使っていたパソコンからOffice製品をアンインストール
  2. 新しいパソコンにOffice製品をインストール
  3. 新しいパソコンでライセンス認証

キーワード検索のほか、製品別に問題解決のヒントが探せる

キーワード検索のほか、製品別に問題解決のヒントが探せる

ライセンス認証の手順など、詳細はマイクロソフト社のサポートページにも紹介されています。トラブルの際には問題解決の方法も検索できますので、心強いですね。

ただし、パソコン購入時にプリインストールされていたソフトは、他のパソコンで使用しないことを条件に安く提供されているため、新しいパソコンでは使用できません。この点は注意が必要です。

なお、プリンターのデバイスもソフトの一種ですが、Windows 8の場合、通常はパソコンとプリンターをつなげると、自動的にOSに搭載されているプリンタードライバーがインストールされ、すぐに利用できるようになります。