新しいパソコンを快適に使うには

毎年、新年度目前の3月に出荷台数のピークを迎えるパソコン(JEITA:社団法人 電子情報技術産業協会「パーソナルコンピュータ国内出荷実績」より)。

2007年度からのパーソナルコンピュータ国内出荷実績が閲覧できるJEITAのHP

2007年度からのパーソナルコンピュータ国内出荷実績が閲覧できるJEITAのHP

今年は、消費増税とWindows XPのサポート終了を4月に控えていることもあり、例年以上にパソコンの購入を検討されている方が多いのではないでしょうか。

パソコンを新しく購入した場合、今までのパソコンで使っていたデータやソフトウェアなどを、新しい環境でも同じように使うためには、データやソフトの移行作業をしなければなりません。

移行の考え方自体は、家の引っ越しと同様、とてもシンプル。つまり、必要なものは移動させ、要らないものは捨て、新たに必要なものは改めて購入する、という流れになります。

実際の移行の手順としては、概ね以下の通りです。

  1. メールの設定とメールデータの移行
  2. ソフトウェアのインストール
  3. 文書ファイルや画像ファイル等のデータ移行
  4. ブラウザで保存した「お気に入り」(ブックマーク)、日本語入力システム (Microsoft IME) に登録した辞書などの移行

上記の中で、1・3・4はデータの移行、2はソフトの移行になります。