大学生アルバイトの割合が多い

塾講師イコール「授業をする仕事」というイメージがありますが、じつは授業以外の仕事のほうが多いです。

塾講師イコール「授業をする仕事」というイメージがありますが、じつは授業以外の仕事のほうが多いです。

「講師力」をチラシなどでうたっている学習塾は多いものの、実態は講師のほとんどが大学生アルバイトという塾が多いです。塾を運営する上で大きいのが人件費。特にひとりの生徒に対して多くの講師が必要な個別指導塾は安価に雇える学生アルバイトを積極的に採用する傾向があります。

もちろん大学生アルバイトでも指導力が高い講師もいます。ただ、大学生アルバイトは3年生にもなると就職活動が始まります。そうなると授業を簡単には休めないために辞めてしまうことも多く、講師の仕事を始めて間もない大学1、2年生が比較的多くなっています。授業料が安い塾は大学生アルバイト講師の比率が高くなりがちです。入塾相談の機会に担当講師のプロフィールを聞いてみるといいでしょう。


専門以外の知識は弱い傾向

大学生から塾講師のアルバイトをしていて、卒業後にその塾の社員として入社するケースが非常に多いのが塾業界の特徴です。塾講師の仕事は基本的に生徒とその保護者とのやりとりが中心になります。他業種のようにさまざまな業態の会社に営業のために訪問することや、異業種のビジネスパーソンと組んでプロジェクトを進めるといった機会はまずありません。また、塾業界は業界内の転職が多く、塾以外の一般企業からの転職者は稀です。

一般企業であれば会計の知識や営業経験など、他業種でも役に立つ知識やスキルも自然と得られる機会もわりと多いですが、塾の社員講師は逆です。仕事を通じて指導科目の内容や入試システムや学校情報など、専門性の高い分野に精通していきます。また、聞き手を飽きさせない話術や、複雑なことをわかりやすく伝えるスキルが鍛えられる職業です。


収入は意外と高くはない

塾講師はテレビによく出ているような、いわゆる予備校のスター講師とは別種の職業です。予備校講師は一般的に年俸制で、その年受講した生徒の数と評判、指導した生徒の合格実績によって翌年の契約金が1年ごとに決められます。それに対して塾講師は会社員かアルバイトです。アルバイトの時給は平均より高いものの、社員講師としての給与は決して高いものではありません。

また、年末年始や夏休みなど、たいていの会社が休みになる時期こそ塾は繁忙期。毎日の仕事の終わりも授業を終えて、生徒の質問対応や成績管理、保護者会の資料作成などで深夜までの業務も日常的です。


体力勝負

塾講師は知的労働というイメージがありますが、いちばん求められるのはじつは体力。集団授業の指導は体力がないと長くやっていけません。大きな声を張り上げながら熱弁をふるい、生徒たちが問題を解けているかを確認するために教室内で机間巡視を行うのはかなり体力を使います。特に季節講習会では朝から夜までほとんど休みなく担当授業が詰まっていることも多く、過酷な世界です。授業以外にも教室間の机やいすの移動、早朝から学校に赴いて入試応援や合格発表のチェックなど、なかなかのハードさです。


授業以外の仕事のほうが多い

塾講師イコール、「授業をする仕事」というイメージがありますが、塾の屋台骨を支える社員講師はじつは授業以外の仕事のほうが多いです。その業務内容は予算の管理や授業料の出納確認などの経理、保護者への文書や掲示物、保護者会配付資料などの作成、家庭への学習状況伝達電話や過去接触者への電話営業など多岐にわたります。授業や生徒指導は数ある業務の一部なのです。

また、塾によっては校舎単位でダイレクトメールやチラシ、WEBページの作成をしているところや、学校や模擬試験会場の前でチラシを配ったり、マンションやアパートへのチラシ投函をしたりするところもあります。

さて、今回は学習塾に通う生徒やその保護者からはなかなか見えない塾講師の側面を紹介しました。塾講師のウラ事情を知っておくと、講師とのつき合いがうまくなるかもしれません。