バレエのポジションを解説!4番は最後に練習しよう

バレエのポジションを解説!4番は最後に練習しよう

バレエでは、全ての足のポジションで共通しているのが、脚を外に開くということです。脚の付け根から、足のつま先までを外に開きます。脚を外に開くことはバレエの基本中の基本ですので、外せませんね。でも、これが本当に大変なのです…。
   

クラシック・バレエ1番ポジション

1番ポジション

1番ポジション

両足のかかと同士を付けて、つま先からつま先までが一本の線になるようにします。足裏3点 (かかと、母趾球、小趾球の3点) にしっかりと重心を乗せて立つことを心がけます。趾はまっすぐ伸ばすようにします。土踏まずがつぶれないように、足の甲の部分を持ち上げるように立ちましょう。

◎ここを注意!
O脚の人は、立っているときに重心が後ろに行くことがあります。ふくらはぎを前に回すように立つと、重心が真ん中になります。

 

クラシック・バレエ2番ポジション

2番ポジション

2番ポジション

1番ポジションから自分の足1つから1つ半分の幅を空けて立ちましょう。重心は両足の真ん中に位置するようにしましょう。利き足のほうに重心が傾きやすいので、特に注意してください。

◎ここを注意!
プリエなどを行う場合、アキレス腱の長さによっては、2番の開きを大きく取りたくなると思います。ですがあまり広すぎると、上半身の引き上げが難しくなります。また、ジャンプの踏み切りも難しくなります。アキレス腱が短くても2番ポジションの開きは守っていただきたいところです。

 

クラシック・バレエ3番ポジション

3番ポジション

3番ポジション

1番や2番は両足が隣にありましたが、3番からは足が前後に位置します。片方の足をもう片方の足に半分重ねます。軸足にしっかりと立ってから、もう片方の足を軸足の土踏まずのところに置きます。

 

クラシック・バレエ5番ポジション

両足が前後にぴったりと合わさるのが5番ポジションです。5番ポジションの様に両足をしっかり重ねると、上半身が不安定になります。バレエの始まりと終わりは5番ポジションであることが多いので、このポジションはマスターしておかないと後々大変です。両足が前後に置かれることで、上半身にねじれが生じやすいので、上半身の保ち方にも特に注意が必要となります。
5番ポジション

5番ポジション



◎ここを注意!
後ろ足の立ち方がとても重要です。軸足になる後ろ足だけで立てるような感覚を持ちながら、前足を置きます。そうすることによって、上半身も引きあがります。両足に均等の重心をかけるのではなく、少し後ろ足に重心を乗せるようにしてみましょう。

 

クラシック・バレエ4番ポジション

5番ポジションから前後に足を開いたポジションが4番です。両足の間は足一つ分です。重心を両足の真ん中に置くのが大変難しいポジションです。後ろに重心が傾きやすいので特に注意が必要となります。また、前足が内側に向きやすいのでコントロールが必要となります。
4番ポジション

4番ポジション



◎ここを注意!
足のポジションの中で一番上半身がねじれやすいポジションが4番です。前脚の付け根を後ろに引き、後脚の付け根を前に押すようにすると、上半身のねじれが解消されます。

 
◎3番? それとも5番?
脚の長さや骨盤の幅によって、5番に入れることが物理的に難しい人がいます。プロのダンサーはみなさん、長身で骨盤もほっそりしています。だから、5番に入れるのが容易です。両脚で作られるXの形に注視しながら、自分にぴったり合うポジションが3番なのか、5番なのか判断してください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。