何を

そのターゲット客層に「何を」提供するのでしょうか?なんとなくあいまいな要素が残っていてはいけません。商品・サービスの要素をかなり具体的に決めていく必要があります。

例えば、コンサルタント業だとしたら
  • 誰がコンサルティングを担当する?
  • どんな手法?
  • それを名付けて「○○」という?
  • それを導入するとどんな効果がある?
  • 価格は?
  • 支払い方法は?
  • 提供期間は?
  • 成果が出なかった場合はどうなる?
なんとなく、「コンサルタントで起業したいです!」みたいな話がよくあります。どんな内容か問われると答えられなかったりする感じです。そういう状態を「なんとなくコンサル」と言ったりします。それだとダメですよね。本人が具体的にしたつもりでも、ガイドから見れば、まだまだ絞り切れていないということだって多くあります。もっともっと考え抜いて具体的に決めましょう。

どうやって

その商品・サービスをどうやって売るのでしょうか?ここをよく考えないと失敗します。先行するライバル達がウヨウヨといるマーケットに新参者が殴り込みを掛けるわけですから。

売るために
  • どんな仕掛けをする?
  • 広告媒体は?
  • SEO、リスティング広告で展開するキーワードは?
  • 他社に勝てる武器は?
  • 差別化できる点はある?
  • 価格的に他社に勝てる?
  • 付加価値は高い?
  • 「なるほど!」と唸らせる何かがある?
  • 知ってもらうための手段は考え抜いた?
  • フロントエンドとバックエンド、無料オファーは?
  • リピートしてもらうための工夫は? etc.

何となくはダメ、でも多少の遠回りはOK!

いかがでしょうか?「意外と不明確かも」と思った点もあったのではないでしょうか?事業コンセプトを明確化していく作業は非常に大事です。

「いやいや、最初からそんなのムリだよ!」と思った方がいるかもしれません。はい、その通りだと思います。やってみなきゃわからないということもありますからね。ただ、なんとなくが一番ダメ。事業計画書の段階でまずは仮説、検証しましょう。そして、実際に起業したあと、結果を見ながら軌道修正していくのです。この繰り返しをできる人が成功へのパスポートを手にできるといえるでしょう。

起業前にやっておくべきことを一冊の本にまとめました

著書の発売から1周年となりました。会社員の段階から起業準備をする際に、知っておくべきこと、やっておくべきことを一挙公開しています。準備のチェックリストとして活用できるようになっています。起業成功の確率をあげるためにもぜひご一読ください。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。