「今年こそ、女っぷりを上げたい!」、そう新年に決意を固めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、どんなに外側の見た目をキレイに繕っても、それには限界が生じます。そこで、内側からゆるぎない美しさを手に入れるために、ホルモン美容についてご紹介します。
1

女性らしい体を目指す方法とは?


女性ホルモンと美容の関係とは

女性らしさをアップさせたり、美肌を維持するために、女性ホルモンというキーワードが出てくることが多いのはなぜでしょうか? それは、女性の魅力アップとホルモンは、大きく関わりあっているためです。

例えば、女性らしい身体を目指すために、バストアップに良いとされる『プエラリア』や『大豆イソフラボン』のサプリメントなどを摂取することがあります。

しかし、体の基本的なバランスが取れていないと、それらの成分もうまく働いてくれません。「適度な運動」「たっぷりの睡眠」「必要な栄養素の摂取」、これらの3点を意識した生活を送りましょう。


摂っておきたい基本の成分

女性ホルモンをアップさせたいからといって、イソフラボンだけを多く摂っていても意味がありません。まずは基本となるビタミン・ミネラル、そして、ハリのある肌や髪、ツメを保つために欠かせないたんぱく質やカルシウムをバランスよく摂っておきましょう。

7

バランス良く栄養が摂れる豆乳鍋はオススメ!

その上で、女性が不足しがちな鉄分を小まめに摂り、女性ホルモンを働かせるイソフラボンなどの成分を摂取します。

また、細胞自体の老化を防ぐためには、ビタミンAも効果的。ビタミンAは食品からの摂取が望ましいので、ビタミンAを多く含む緑黄色野菜や鶏レバー、卵黄などを、吸収率がアップする油と一緒に調理するのがお勧めです。