プラハへの道

プラハは比較的治安がいいので夜の散歩も魅力的。こちらは旧市街広場の夜景 ©牧哲雄

プラハは比較的治安がいいので夜の散歩も魅力的。こちらは旧市街広場の夜景 ©牧哲雄

■エアー&ツアー情報
カレル橋とプラハ城の夜景。プラハ歴史地区は夜、ほぼ全体がライトアップされる ©牧哲雄

カレル橋とプラハ城の夜景。プラハ歴史地区は夜、ほぼ全体がライトアップされる ©牧哲雄

プラハへは直行便がないので、アジアやヨーロッパ各都市の経由となる。格安航空券で7万円前後から。ツアーは6日間10万円前後から。

■周辺の世界遺産
チェコには2010年4月現在12の世界遺産があるが、ほとんどプラハから電車やバスで3~4時間以内で行ける。個人旅行なら自由に選んで行ってみよう。ドイツ、ポーランド、スロバキア、オーストリアなどにもすぐに行けるので、国境をまたいで世界遺産を訪ねるのもおもしろい。

オススメは、ボヘミア時代の古都「チェスキー・クルムロフ歴史地区」や、オーストリアにあるハプスブルク家の帝都「ウィーン歴史地区」を同時に回るツアー。ボヘミアからオーストリアへと移る時代の流れを体感できるだろう。

 

プラハのベストシーズン

旧市街広場付近の様子。正面がティーン教会、左の塔が旧市庁舎で、下部に天文時計がある ©牧哲雄

旧市街広場付近の様子。正面がティーン教会、左の塔が旧市庁舎で、下部に天文時計がある ©牧哲雄

四季のサイクルは日本と同じだが、全体的に日本より涼しくて、雨は少ない。2月の最低気温は-10度近くになって雪も降る。夏の最高気温は20度ほど。

雨は夏に多いが、東京の冬より少し多い程度。個人的には屋外でビールが飲める夏をオススメしたい。

世界遺産基本データ&リンク

プラハ城から見たプラハ歴史地区の眺め。中世の街に迷い込んだような錯覚にとらわれる ©牧哲雄

プラハ城から見たプラハ歴史地区の眺め。中世の街に迷い込んだような錯覚にとらわれる ©牧哲雄

プラハ歴史地区周辺の街並み ©牧哲雄

プラハ歴史地区周辺の街並み ©牧哲雄

【世界遺産基本データ】
登録名称:プラハ歴史地区
Historic Centre of Prague
国名:チェコ共和国
登録年と登録基準:1992年、文化遺産(ii)(iv)(vi)

【関連記事&サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。